コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリアード弦楽四重奏団

3件 の用語解説(ジュリアード弦楽四重奏団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ジュリアード弦楽四重奏団

アメリカの弦楽四重奏団。1946年に結成。モーツァルトベートーヴェンのほか、バルトーク、ヒンデミットをはじめとする20世紀の作品の演奏で知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリアードげんがくしじゅうそうだん【ジュリアード弦楽四重奏団 Juilliard Quartet】

1946年,アメリカジュリアード音楽学校(1905創立)の教授たちによって結成された楽団。現在,創立以来のメンバーは第1バイオリンのR.マンのみであるが,アンサンブルの手堅さと精密度の高さの点で,アメリカのみならず世界でも屈指の室内楽団に数えられる。20世紀音楽に定評があり,シェーンベルクやバルトークの弦楽四重奏曲全曲の録音を手がけたほか,ベートーベンの弦楽四重奏曲全曲録音も特筆に価する。【西原 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュリアード弦楽四重奏団
じゅりあーどげんがくしじゅうそうだん
Juilliard String Quartet

アメリカの室内楽団。1946年、ジュリアード音楽学校校長のウィリアムシューマンの提唱により、同音楽学校教授たちによって結成された。翌47年ニューヨークで最初の演奏会を行った。当初シェーンベルク、ウェーベルンら20世紀の作品の鮮烈な解釈により注目されたが、しだいに古典までレパートリーを拡大した。結成以来メンバーは少しずつ変化し、それとともに演奏スタイル、曲目とも変わった。とりわけ1960年代後半から70年代初めにかけてのベートーベン演奏は、第二次世界大戦後のベートーベン弦楽四重奏曲演奏の金字塔として、ブダペスト弦楽四重奏団に並ぶ成果とされている。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュリアード弦楽四重奏団の関連キーワードアメリカの影東京クヮルテット塀の中のジュリアス・シーザー岩崎淑小林健次丹羽勝海三宅榛名宮沢明子グールド, モートンジュリアード音楽学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュリアード弦楽四重奏団の関連情報