コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリアード弦楽四重奏団

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリアードげんがくしじゅうそうだん【ジュリアード弦楽四重奏団 Juilliard Quartet】

1946年,アメリカのジュリアード音楽学校(1905創立)の教授たちによって結成された楽団。現在,創立以来のメンバーは第1バイオリンのR.マンのみであるが,アンサンブルの手堅さと精密度の高さの点で,アメリカのみならず世界でも屈指の室内楽団に数えられる。20世紀音楽に定評があり,シェーンベルクやバルトークの弦楽四重奏曲全曲の録音を手がけたほか,ベートーベンの弦楽四重奏曲全曲録音も特筆に価する。【西原 稔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュリアード弦楽四重奏団
じゅりあーどげんがくしじゅうそうだん
Juilliard String Quartet

アメリカの室内楽団。1946年、ジュリアード音楽学校校長のウィリアム・シューマンの提唱により、同音楽学校教授たちによって結成された。翌47年ニューヨークで最初の演奏会を行った。当初シェーンベルク、ウェーベルンら20世紀の作品の鮮烈な解釈により注目されたが、しだいに古典までレパートリーを拡大した。結成以来メンバーは少しずつ変化し、それとともに演奏スタイル、曲目とも変わった。とりわけ1960年代後半から70年代初めにかけてのベートーベン演奏は、第二次世界大戦後のベートーベン弦楽四重奏曲演奏の金字塔として、ブダペスト弦楽四重奏団に並ぶ成果とされている。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュリアード弦楽四重奏団の関連キーワードイェフィム ブロンフマン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android