コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューエット Sarah Orne Jewett

世界大百科事典 第2版の解説

ジューエット【Sarah Orne Jewett】

1849‐1909
アメリカの女流小説家。メーン州サウス・バーウィックに田舎医師の娘として生まれ,その地方の自然や風俗に深くなじんだ。18歳の年から作品を発表し始め,1873年にはメーンを描く物語が初めて《アトランティック・マンスリー》誌に掲載された。77年に最初の著書《ディープヘーブン》を出版,かつては港として栄えながら今はさびれている町の捨てがたい趣を外来者の目を通して綴り,地方色文学に独自の世界を呈示してみせた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジューエット
じゅーえっと
Sarah Orne Jewett
(1849―1909)

アメリカの女流小説家。メーン州サウス・バーウィックの医者の娘として生まれ、一生を独身で過ごす。ストー夫人の小説を愛読、その「ローカル・カラー」の文学に影響され、10代で創作を始め、故郷メーン州の田園や港町の人情や風俗を懐かしい筆致で描き、地方主義文学の代表的作家の一人となった。ウィラ・キャザーに影響を与えたことでも知られる。出世作の短編集『ディープヘイブン』(1877)をはじめ、『白鷺(しらさぎ)』(1886)、『見知らぬ人、旅の人』(1890)、代表作『とんがり樅(もみ)の国』(1896)など、短編・スケッチ集に優れたものが多い。ほかに、医者を志望して独身を貫く女性を描く『田舎(いなか)の医者』(1884)、独立戦争の時代を扱う『王党派の恋人』(1901)などの長編や、自然と人間の深い交わりを描く児童向けの作品などもある。[島田太郎]
『L・オーキンクロス著、佐藤宏子訳『アメリカ文学の開拓者たち』(1970・研究社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

ジューエット

1816-1868.米国メイン州生まれ.近代の米国図書館の創設者の一人.ブラウン大学を卒業後,神学校などを経て,ブラウン大学図書館の館長に就任し,蔵書目録の刊行や蔵書構成に業績をあげた後,スミソニアン研究所(Smithsonian Institution)の図書館担当事務次長に就任,同組織を「学術中央図書館」(国立図書館)とする構想のもとに,総合目録の編纂,印刷カードの配布,標準的な目録規則の策定などを計画したが,同組織を「学術振興機関」としたい事務長ヘンリー(Joseph Henry 1797-1878)との対立により罷免された.その後,発足間もないボストン公共図書館に招かれ,実質的な館長として,貸出方式の工夫やその他の活動により,他の図書館に大きな影響を与えた.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

ジューエットの関連キーワードホール(Charles Martin Hall)チャールズ・マーティン ホールホール

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android