コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューコフ ジューコフ Zhukov, Georgii Konstantinovich

3件 の用語解説(ジューコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジューコフ
ジューコフ
Zhukov, Georgii Konstantinovich

[生]1896.12.1. カルガ
[没]1974.6.18.
ソ連の軍人。軍人で最初のソ連共産党中央委員会幹部会員。 1915年第1次世界大戦中に帝政ロシア軍に服役。 18年赤軍に参加,国内戦では騎兵隊を指揮。のちドイツへ留学,軍事科学を学ぶ。フルンゼ陸軍大学校で機械化戦術を専攻,31年同校卒業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジューコフ

ソ連の軍人。ロシア人。元帥。ロシア革命期に赤軍に参加。1939年ノモンハン事件で戦車部隊を指揮し,第2次大戦中は参謀総長となり,自らモスクワ防衛,ベルリン攻撃を指揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジューコフ
じゅーこふ
Георгий Константинович Жуков Georgiy Konstantinovich Zhukov
(1896―1974)

ソ連の軍人、元帥。中部ロシア、カルガ州の小村に生まれる。第一次世界大戦時に召集され、革命後赤軍に入隊。また1919年に共産党入党。1939年夏、駐モンゴルソ連第1軍の司令官としてノモンハンの戦闘を指揮、日本軍に大打撃を与えた。独ソ戦開始時は参謀総長兼国防人民委員代理。開戦後は各方面軍の総司令官としてスターリングラード(現ボルゴグラード)攻防戦やレニングラード(現サンクト・ペテルブルグ)包囲突破作戦などを指揮、さらにベルリン攻略戦をも指揮して名をはせた。1942年8月から戦争終結まで国防人民委員第一代理兼最高総司令官(スターリン)代理をも務めている。戦後、駐独ソ連軍最高総司令官を経て、一時、地上軍総司令官兼軍事力省次官となったが、スターリンに左遷された。スターリン死後、中央に復帰し、1955年国防相。1957年にフルシチョフの側についてマレンコフらの「反党グループ」追放に協力、党中央委幹部会員となった。しかし、同年10月、党の指導を無視したと非難されて引退した。フルシチョフ退陣後、復権。死後クレムリンの壁に葬られた。[藤本和貴夫]
『清川勇吉・相場正三久・大沢正訳『ジューコフ元帥回想録――革命・大戦・平和』(1970・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジューコフの関連キーワード階乗スターリングの補間公式リー群軽軽しいカルガリータワーカルトンファイル光る崖カルノシンパスカルの三角形Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジューコフの関連情報