コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョチュウギク(除虫菊) ジョチュウギクChrysanthemum cinerariifolium; pyrethrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョチュウギク(除虫菊)
ジョチュウギク
Chrysanthemum cinerariifolium; pyrethrum

キク科の多年草。一名シロバナムシヨケギクバルカン半島のダルマチア地方原産。日本では瀬戸内海周辺や北海道で多く栽培される。茎は高さ 30~60cmで全体に白い絹毛におおわれる。葉は2,3回羽状に裂け,裂片は細長い線形。5~6月頃,長い花柄の先に径約 3cmの頭状花をつける。周辺に白色の舌状花が 15~20個並び中央は黄色の管状花から成る。花を乾燥したものには殺虫力があり,有効成分はピレトリンである。粉末にしてかつては蚤取り粉など殺虫剤として広く使用された。また蚊取り線香の原料として現在も使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジョチュウギク(除虫菊)【ジョチュウギク】

シロバナムシヨケギクとも。西アジア〜南欧原産のキク科の多年草で,日本には明治初年に渡来した。高さ30〜60cm。初夏,茎頂に頭花をつける。舌状花は白色,中央の筒状花は黄色で,径3cm内外。
→関連項目蚊取線香キク(菊)殺虫剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョチュウギク【ジョチュウギク(除虫菊) Dalmatian pyrethrum】

キク科の多年草(イラスト)。シロバナムシヨケギク,また単にムシヨケギクとも呼び,殺虫剤の原料とするために栽培される。原産地はバルカン半島のダルマティア地方。高さ30~60cmで,茎葉に白色の絹毛がある。葉は2~3回羽状に深裂し,裂片は線状でとがる。6月ころ長い花茎を出し,径3cmほどの頭状花を茎の先端に単生する。頭状花は15~20個の白色の舌状花と,多数の黄色の管状花とからなる。日本には明治初年に導入された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジョチュウギク(除虫菊)の関連キーワードケニア虫除け蚊遣

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android