コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョチュウギク(除虫菊) ジョチュウギク Chrysanthemum cinerariifolium; pyrethrum

3件 の用語解説(ジョチュウギク(除虫菊)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョチュウギク(除虫菊)
ジョチュウギク
Chrysanthemum cinerariifolium; pyrethrum

キク科の多年草。一名シロバナムシヨケギクバルカン半島ダルマチア地方原産。日本では瀬戸内海周辺や北海道で多く栽培される。茎は高さ 30~60cmで全体に白い絹毛におおわれる。葉は2,3回羽状に裂け,裂片は細長い線形。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョチュウギク(除虫菊)【ジョチュウギク】

シロバナムシヨケギクとも。西アジア〜南欧原産のキク科の多年草で,日本には明治初年に渡来した。高さ30〜60cm。初夏,茎頂に頭花をつける。舌状花は白色,中央の筒状花は黄色で,径3cm内外。
→関連項目蚊取線香キク(菊)殺虫剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジョチュウギク【ジョチュウギク(除虫菊) Dalmatian pyrethrum】

キク科の多年草(イラスト)。シロバナムシヨケギク,また単にムシヨケギクとも呼び,殺虫剤の原料とするために栽培される。原産地はバルカン半島のダルマティア地方。高さ30~60cmで,茎葉に白色の絹毛がある。葉は2~3回羽状に深裂し,裂片は線状でとがる。6月ころ長い花茎を出し,径3cmほどの頭状花を茎の先端に単生する。頭状花は15~20個の白色の舌状花と,多数の黄色の管状花とからなる。日本には明治初年に導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジョチュウギク(除虫菊)の関連キーワード水蘭夏白菊鵯花山白菊黄花コスモス沢白菊白花の蛇苺白艾キクシロバナムシヨケギク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone