コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジレ ジレ Zile

6件 の用語解説(ジレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジレ
ジレ
Zile

トルコ中央北部,トカト県の都市。イェシル川下流の平野にあり,商業,農業の中心地。穀物,テンサイが主産物で,精糖工業が発達している。古名はゼラ Zela。前 47年にカエサルポントス王ファルナチス2世を破り「来た,見た,勝った」と報告したことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジレ
ジレ
gilet

チョッキまたはブラウスにみせかけた,装飾用袖なし胴衣。スーツの下に着て,開いた胸元からのぞかせ,衣服の体裁を整える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジレ(〈フランス〉gilet)

丈が短めの袖なしの胴着。チョッキ。ベスト。
装飾的な前飾りをつけた婦人用胴着。上着の下に着て、ブラウスに見せかけるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジレ

スーツや胸元の開いた上着の下につける袖(そで)なし胴着。18世紀後半から用いられた。ブラウスのように見えるが背部は簡略化され,胸だけ刺繍(ししゅう)やレースタックなどを施した装飾的なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジレ【gilet】

スーツなどを着るとき上衣の下に着るブラウスがわりの胴衣。おもに女性用で,袖なし,脇で紐結びが多く,フリルやレースなどの飾りをつける。もともとは男性の着たもので,1770年代にイギリスから短い新型の胴衣(ウェストコート)がもたらされ,フランスではこれをジレと呼び,ジュストコルという上衣の下に着た。18世紀には上衣とともに丈はより短くなり,袖なしになった。19世紀中ごろに今日の背広服が確立されてから,チョッキとして用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジレ
じれ
giletフランス語

(そで)のない、ウエスト丈の装飾用胴衣。または背広と対のチョッキのこと。英語ではウエストコートまたはベストという。ルイ16世(在位1774~92)のころ、ヨーロッパ中の男子の公服であったアビ・ア・ラ・フランセーズhabit la franaiseの下に着用されていた丈の長いベストのかわりに、イギリスから伝わったもの。丈はウエストまで、前身頃(みごろ)には美しい色柄の布地を用いたが、後ろ身頃には安価な別布を用いるのが普通であった。簡易な衣服ながら、服装に変化と彩りを添え、個性的な趣向を凝らすことができるものとして重要視され、貴族から庶民に至るまで普及した。
 19世紀なかばに男子の背広が確立してからも、その下に着るチョッキとして残ったが、服装のアクセント的要素は薄れて全体的統一の美が重んじられ、共布が用いられた。19世紀より女性の服装にも取り入れられ、スーツの下にブラウスやシャツがわりに着用される。[田村芳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジレの関連キーワードディッキー恩に着る笠に着る裃を着る甲に着る小帷子上衣襯衣上着下衣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジレの関連情報