コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジレ Zile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジレ
Zile

トルコ中央北部,トカト県の都市。イェシル川下流の平野にあり,商業,農業の中心地。穀物,テンサイ主産物で,精糖工業が発達している。古名はゼラ Zela。前 47年にカエサルがポントス王ファルナチス2世を破り「来た,見た,勝った」と報告したことで知られる。人口4万 6323 (1990推計) 。

ジレ
gilet

チョッキまたはブラウスにみせかけた,装飾用袖なし胴衣。スーツの下に着て,開いた胸元からのぞかせ,衣服体裁を整える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジレ(〈フランス〉gilet)

丈が短めの袖なしの胴着。チョッキ。ベスト。
装飾的な前飾りをつけた婦人用胴着上着の下に着て、ブラウスに見せかけるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジレ

スーツや胸元の開いた上着の下につける袖(そで)なし胴着。18世紀後半から用いられた。ブラウスのように見えるが背部は簡略化され,胸だけ刺繍(ししゅう)やレース,タックなどを施した装飾的なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジレ【gilet】

スーツなどを着るとき上衣の下に着るブラウスがわりの胴衣。おもに女性用で,袖なし,脇で紐結びが多く,フリルやレースなどの飾りをつける。もともとは男性の着たもので,1770年代にイギリスから短い新型の胴衣(ウェストコート)がもたらされ,フランスではこれをジレと呼び,ジュストコルという上衣の下に着た。18世紀には上衣とともに丈はより短くなり,袖なしになった。19世紀中ごろに今日の背広服が確立されてから,チョッキとして用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジレ
じれ
giletフランス語

(そで)のない、ウエスト丈の装飾用胴衣。または背広と対のチョッキのこと。英語ではウエストコートまたはベストという。ルイ16世(在位1774~92)のころ、ヨーロッパ中の男子の公服であったアビ・ア・ラ・フランセーズhabit la franaiseの下に着用されていた丈の長いベストのかわりに、イギリスから伝わったもの。丈はウエストまで、前身頃(みごろ)には美しい色柄の布地を用いたが、後ろ身頃には安価な別布を用いるのが普通であった。簡易な衣服ながら、服装に変化と彩りを添え、個性的な趣向を凝らすことができるものとして重要視され、貴族から庶民に至るまで普及した。
 19世紀なかばに男子の背広が確立してからも、その下に着るチョッキとして残ったが、服装のアクセント的要素は薄れて全体的統一の美が重んじられ、共布が用いられた。19世紀より女性の服装にも取り入れられ、スーツの下にブラウスやシャツがわりに着用される。[田村芳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジレの関連キーワードR4 R:RACING EVOLUTIONリッジレーサー レボリューション天空勇者ウルザードファイヤートマシュ ウィレンツェクレジェンドマジグリーンレジェンドマジイエローレジェンドマジブルー撚翅類(ねんしるい)レジェンドマジピンクトリフィンのジレンマ天空勇者マジシャイン撚翅類(でんしるい)レジェンドマジレッドベスト(チョッキ)オールキャップスリッジレーサーズリッジレーサー6リッジレーサーVレイジレーサー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジレの関連情報