ジーグ(英語表記)〈フランス〉gigue

  • giga イタリア語
  • gigue
  • gigue フランス語
  • jig 英語
  • フランス

百科事典マイペディアの解説

舞曲。16世紀ごろから英国で流行し,17世紀にフランスに伝わった。バロック組曲では終楽章におかれた。複合3拍子で付点リズムが特徴である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

6/8や9/8による速いテンポの舞曲。アイルランドで今日でも奏される舞曲ジグjigに由来するといわれる。フランスのリュート奏者J.ゴーティエにより17世紀前半にロンドンからパリの宮廷に伝えられた。元来偶数拍子と奇数拍子のものがあったが,フランスのクラブサン奏者たちにより後者が受け入れられヨーロッパ中に広まった。組曲および室内ソナタの最終楽章として盛んに用いられた。この舞曲はフランスとイタリアでその音楽的内容をいくぶん異にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロック時代(1600~1750)に流行した6/8または12/8拍子の急速で活発な舞曲。別称ジグ。15、16世紀ごろ大流行したアイルランドの民族舞踊をその起源とする。ソロもしくはカップルによる踊りで、活発な跳躍を特徴とし、シェークスピアの劇に余興として登場するほか、当時のイギリス鍵盤(けんばん)曲にもみられる(バード、ブル)。17世紀後半から大陸でも流行し、二つの様式が生まれた。一つは、遅い3拍子もしくは複合2拍子で対位法的な書法を示すフランス風ジーグ、もう一つは、速い9/8または12/8拍子で単純明快なイタリア風ジーグである。フランスのリュートやチェンバロの組曲ではサラバンドの直後に置かれることが多い(クープラン、ラモー)。18世紀にはイタリア風ジーグがヨーロッパ全体に定着し、組曲やソナタの終楽章として好んで用いられた。19世紀以後の例は数少ない(シューマン、ドビュッシー)。

[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (gigue) 一七世紀バロック期の舞曲の一つ。三拍子または複合二拍子のテンポの速い曲で、通常、古典組曲を構成する最後の部分に置かれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android