スウィンバーン(英語表記)Swinburne, Algernon Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウィンバーン
Swinburne, Algernon Charles

[生]1837.4.5. ロンドン
[没]1909.4.10. ロンドン
イギリスの詩人。オックスフォード大学でギリシア詩に熱中,またイタリア,フランス文学にも親しみ,多くの詩を書いたが,ギリシア風の詩劇『キャリドンのアタランタ』 Atalanta in Calydon (1865) で初めて本領とする韻律技巧の円熟をみせた。代表作はイギリス俗物主義への反抗を示した異教的官能的な『詩と歌謡』 Poems and Ballads (3巻,66~89) や,イタリア独立運動に刺激された『日の出前の歌』 Songs Before Sunrise (71) などである。最も完璧な技法の長詩『ライオネスのトリストラム』 Tristram of Lyonesse (82) 以後は創作力が衰えた。ほかに悲劇の作もあり,シェークスピア,ユゴー,B.ジョンソンらに関する批評,また詩論や小説論もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スウィンバーン

英国の詩人。華麗な抒情詩で人気を得た。劇詩《カリドンのアタランタ》(1865年)や《詩とバラッド》(1866年―1889年),シェークスピアらに関する評論などで知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スウィンバーン【Algernon Charles Swinburne】

1837‐1909
イギリスのラファエル前派の詩人,評論家。オックスフォード大学中退後,ギリシア古典劇の対話法の詩劇《アタランタ》(1865)を発表,たちまち時代のアイドルとなった。その妖しい韻律美と異教精神は,《詩と民謡》(1865)で開花し,ビクトリア朝モラルへの反抗,キリスト教批判,エロティシズムで,熱狂的な反響をひきおこした。〈泥沼の神秘のバラ,わが苦悩の乙女よ〉とうたう〈ドローレス〉は,詩人がマゾ的に仕えた宿命の女だった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スウィンバーン【Algernon Charles Swinburne】

1837~1909) イギリスの詩人・批評家。異教的耽美主義の作風で反響を呼ぶ。劇詩「アタランタ」「詩とバラッド」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウィンバーン
すうぃんばーん
Algernon Charles Swinburne
(1837―1909)

イギリスの詩人。オックスフォード大学在学中から華麗な詩才をうたわれ、年を追って異教的耽美(たんび)主義の傾向を強めた。ギリシア悲劇風の劇詩『カリュドンのアタランタ』(1865)で文名を確立し、独自の詩風は群を抜いていたが、ビクトリア王朝期の道徳主義派から激しい非難を浴びた。イギリス世紀末文学の強力な代表者。[川崎寿彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スウィンバーン

(Algernon Charles Swinburne アルジャーノン=チャールズ━) イギリスの詩人。世紀末文学の代表者。ギリシア悲劇にならった詩劇「カリュドンのアタランタ」や圧政への反逆をうたった詩「日の出前の歌」などを残す。(一八三七‐一九〇九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスウィンバーンの言及

【唯美主義】より

…作品の価値はそこに盛られた思想あるいはメッセージではなく形態と色彩の美にある,と主張する。イギリスの詩人スウィンバーンがA.J.ムーアの絵《アザレア》(1868)を〈この絵の意味は美そのものだ。存在するということだけが,この絵の存在理由だ〉と絶賛した言葉が,唯美主義を端的に示している。…

※「スウィンバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android