コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウィンバーン スウィンバーン Swinburne, Algernon Charles

6件 の用語解説(スウィンバーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウィンバーン
スウィンバーン
Swinburne, Algernon Charles

[生]1837.4.5. ロンドン
[没]1909.4.10. ロンドン
イギリスの詩人。オックスフォード大学ギリシア詩に熱中,またイタリアフランス文学にも親しみ,多くの詩を書いたが,ギリシア風の詩劇『キャリドンのアタランタ』 Atalanta in Calydon (1865) で初めて本領とする韻律技巧の円熟をみせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スウィンバーン(Algernon Charles Swinburne)

[1837~1909]英国の詩人・批評家。巧みな韻律美と異教的な官能描写で知られる。劇詩「カリドンのアタランタ」、詩集「詩とバラード」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スウィンバーン

英国の詩人。華麗な抒情詩で人気を得た。劇詩《カリドンのアタランタ》(1865年)や《詩とバラッド》(1866年―1889年),シェークスピアらに関する評論などで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スウィンバーン【Algernon Charles Swinburne】

1837‐1909
イギリスのラファエル前派の詩人,評論家。オックスフォード大学中退後,ギリシア古典劇の対話法の詩劇《アタランタ》(1865)を発表,たちまち時代のアイドルとなった。その妖しい韻律美と異教精神は,《詩と民謡》(1865)で開花し,ビクトリア朝モラルへの反抗,キリスト教批判,エロティシズムで,熱狂的な反響をひきおこした。〈泥沼の神秘のバラ,わが苦悩の乙女よ〉とうたう〈ドローレス〉は,詩人がマゾ的に仕えた宿命の女だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スウィンバーン【Algernon Charles Swinburne】

1837~1909) イギリスの詩人・批評家。異教的耽美主義の作風で反響を呼ぶ。劇詩「アタランタ」「詩とバラッド」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウィンバーン
すうぃんばーん
Algernon Charles Swinburne
(1837―1909)

イギリスの詩人。オックスフォード大学在学中から華麗な詩才をうたわれ、年を追って異教的耽美(たんび)主義の傾向を強めた。ギリシア悲劇風の劇詩『カリュドンのアタランタ』(1865)で文名を確立し、独自の詩風は群を抜いていたが、ビクトリア王朝期の道徳主義派から激しい非難を浴びた。イギリス世紀末文学の強力な代表者。[川崎寿彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスウィンバーンの言及

【唯美主義】より

…作品の価値はそこに盛られた思想あるいはメッセージではなく形態と色彩の美にある,と主張する。イギリスの詩人スウィンバーンがA.J.ムーアの絵《アザレア》(1868)を〈この絵の意味は美そのものだ。存在するということだけが,この絵の存在理由だ〉と絶賛した言葉が,唯美主義を端的に示している。…

※「スウィンバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スウィンバーンの関連キーワードサンラファエルプロセルピナミレーラファエル前派コフェチュア王と乞食娘世界の光ダンテの夢ベアタ・ベアトリクスラファエル岩後期ラファエル前派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スウィンバーンの関連情報