スキャット(英語表記)scat

翻訳|scat

デジタル大辞泉の解説

スキャット(scat)

ジャズなどで、歌詞の代わりに意味のない音で即興的に歌うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スキャット【scat】

ジャズ・ボーカルの技巧のひとつで,歌詞をつけず〈ダバディダ…〉とか〈シュビドゥワ…〉といった意味のない音声で即興的に歌うこと。楽器の代りに人声の擬音を用いた演奏といってもよい。ルイ・アームストロングが1926年に《ヒービー・ジービーズ》を吹き込んだとき,歌詞を忘れた個所をごまかすために使用したのがかえっておもしろいと評判になり,それから広く行われるようになったとされている。【中村 とうよう】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スキャット【scat】

ジャズボーカルで、「ルルル…」「ダバダバ…」など、意味のない音でメロディーを即興的に歌うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スキャット

〘名〙 (scat) ジャズなどで、歌詞の代わりに、「ダバディダ」「ルルル」のような意味のない音節を発音して歌うこと。また、その歌。ジャズトランペッターで歌手のルイ=アームストロングの創案という。
※日本人のへそ(1969)〈井上ひさし〉二幕「列車の走行音をスキャットでコーラスしながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スキャットの関連情報