スキン(読み)すきん

大辞林 第三版の解説

スキン【skin】

皮膚。肌。 「 --ローション」
コンドームのこと。
皮。皮革。 「バック--」
ソフトウエアの画面表示のデザイン。また、そのデザインを変更する仕組み。 「 --データ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキン
skin

皮革産業の取引用語。なめし加工されていない原皮のうち,小型・軽量動物 (子牛,山羊,鹿など) の原皮で1枚の重量が 15ポンド (約 6.8kg) 以上のものをいう。ちなみにハイドは大型・重量動物 (牛,馬,水牛など) の原皮で1枚が 25~30ポンド (11.3~13.6kg) の厚手のもの。キップはハイドとスキンの中間のもので,1枚 15~25ポンド (6.8~11.3kg) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のスキンの言及

【皮∥革】より

皮膚
[原料皮]
 たんに原皮ともいい,ウシ,ヒツジ,ヤギ,ウマ,ブタ,シカなどの哺乳類のほか,ワニ,トカゲなどの爬虫類が用いられるが,なかでも牛皮の使用量がひじょうに大きい。 原料皮は,その大きさによりハイドhideとスキンskinに区別する。ハイドは大動物(ウシ,ウマなど)の皮で,アメリカ,カナダ規格では皮重量25ポンド(約11kg)以上のもの,スキンはそれ以下のもので,幼動物または小動物(子ウシ,ヒツジ,ブタなど)の皮をさす。…

※「スキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スキンの関連情報