スキン(英語表記)skin

翻訳|skin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スキン」の解説

スキン
skin

皮革産業の取引用語。なめし加工されていない原皮のうち,小型・軽量動物 (子山羊鹿など) の原皮で1枚の重量が 15ポンド (約 6.8kg) 以上のものをいう。ちなみにハイドは大型・重量動物 (牛,水牛など) の原皮で1枚が 25~30ポンド (11.3~13.6kg) の厚手のもの。キップはハイドとスキンの中間のもので,1枚 15~25ポンド (6.8~11.3kg) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「スキン」の解説

スキン

〘名〙 (skin)
① 肌(はだ)。皮膚。皮。他の語の前に付いて複合語として用いられることが多い。「スキンローション」「スキンダイビング」など。
② 「コンドーム」の別称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスキンの言及

【皮∥革】より

皮膚
[原料皮]
 たんに原皮ともいい,ウシ,ヒツジ,ヤギ,ウマ,ブタ,シカなどの哺乳類のほか,ワニ,トカゲなどの爬虫類が用いられるが,なかでも牛皮の使用量がひじょうに大きい。 原料皮は,その大きさによりハイドhideとスキンskinに区別する。ハイドは大動物(ウシ,ウマなど)の皮で,アメリカ,カナダ規格では皮重量25ポンド(約11kg)以上のもの,スキンはそれ以下のもので,幼動物または小動物(子ウシ,ヒツジ,ブタなど)の皮をさす。…

※「スキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android