コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スギナモ Hippuris vulgaris L.

世界大百科事典 第2版の解説

スギナモ【Hippuris vulgaris L.】

スギナモ科の多年生水生植物。英名はmare’s‐tail,mousetail,cattail。茎は直立し,高さ10~60cm,上部は通常水面より伸び出し,分枝しない。葉は茎の上部に群がりついているように見えるが,4~12枚が輪生し,線形で,長さ1~2cm,少し湾曲することが多い。夏に咲く花は小さく,多くは両性だが単性花を生じることもある。水上葉の葉腋(ようえき)につき,花被を欠き,子房は下位,おしべは1本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スギナモ
すぎなも / 杉菜藻
[学]Hippuris vulgaris L.

スギナモ科の多年生水草。地下茎は泥土中をはい、節からひげ根を出す。茎は水中に浮遊し、長さ20~50センチメートル。葉は6~12枚が輪生してスギナ状をなし、線形で先端は鈍くとがる。水中葉は長く2~6センチメートル、水上葉はやや短く1~1.5センチメートル。7~8月、水上葉の腋(えき)に無柄の花を単生する。萼筒(がくとう)は長さ1ミリメートルで全縁、子房に合着する。果実は狭長楕円(だえん)形で平滑。湖沼に生育し、尾瀬沼以北の本州、北海道、および北半球の亜寒帯に広く分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スギナモの関連キーワードスギナモ(杉菜藻)杉菜藻尾瀬

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android