コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコーネ スコーネ Skåne

3件 の用語解説(スコーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコーネ
スコーネ
Skåne

スウェーデン南端部の地方。マルメーフース県クリシャンスタード県を含み,スウェーデン穀倉地帯として知られてきた。東,西,南の3方を海に囲まれ,コムギオオムギライムギのほか,ジャガイモテンサイなどを栽培。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スコーネ【Skåne】

スウェーデン最南の地方で,行政的にはマルメーヒュス県とクリシャンスタ県からなる。デンマークの島嶼部と同様の海洋性気候モレーン(氷堆石)地形をなし,スウェーデン随一の農業地帯であり,工業化も近年は著しい。1658年までデンマークの領土であり,ルンドに民会(集会)を有し,スコーネ法という独自の法が存在した。1103‐1536年にはデンマークの大司教座がルンドに置かれ,ニシン漁でも栄えた。15世紀から17世紀間にはデンマークとスウェーデン間の抗争地となり,1658年第1次カール・グスタブ戦争の結果,デンマークが敗れ,ハーランド,ブレーキンゲ,ボーンホルム(後にデンマークへ復帰)とともにスコーネはスウェーデンに譲渡された(ロスキレの和約)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコーネ
すこーね
Skne

スウェーデン南部の地方。イョータランド地方南端に位置し、西にエアスン(イョーレスンド)海峡を挟んでデンマークに相対する。南と東はバルト海に面し、なだらかな海岸線を描く。北部は緩やかな丘陵で、南に向かうにしたがって平野となり、北西より南東にかけて標高200メートルのオースとよばれる数条のホッグバック(急傾斜の同斜山稜(さんりょう))が走る。気候は海洋性で、比較的温暖。平均気温は2月0~2℃、7月17℃。気候、地質ともにヨーロッパ大陸とスカンジナビア半島との過渡的様相を呈し、植生も広葉樹が多い。面積1万1283平方キロメートル、人口107万6031(1992)。人口密度は1平方キロメートル当り95人。人口分布は極端に南西に多く、75%が南西部に密集している。海岸沿いの都市は不凍港で重工業が発達し、平野は肥沃(ひよく)で大農場が多く、野菜、ジャガイモの作付けはスウェーデン一で、1ヘクタール当りの小麦の生産高は世界一。ヨーロッパ道4号線と6号線が、それぞれフェリーでデンマーク、ドイツと連絡している。[中島香子]

歴史

有史以来1658年までデンマークの領土であったが、ルンドに民会を有し、「スコーネ法」とよばれた独自の法が存在した。デンマークの大司教座が置かれ(1103~1536)、ニシン漁でも栄えた。その位置と富をめぐって国際的関心が集まり、1370~85年にはハンザ都市が西部スコーネを抵当として占領した。15~17世紀間にはバルト海の覇権を争うデンマーク・スウェーデン間の抗争地となり、第一次カール・グスタフ戦争の結果、西側のハランド、東側のブレッキンゲ、バルト海のボーンホルム島(のちにデンマークへ復帰)とともにスコーネはスウェーデンに譲渡された(1658年ロスキレの和議)。続くスコーネ戦争(1675~79)でデンマークはスコーネの奪還を意図したが失敗し、スコーネのスウェーデン化は1668年のルンド大学創立などにより着々と進行し、大北方戦争(1700~21)時にはスウェーデン化がほぼ完了していた。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スコーネの関連キーワードスウェーデンスウェーデン語スウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スコーネの関連情報