コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズコケムシ Barentsia discreta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズコケムシ
Barentsia discreta

曲形動物門内肛綱足胞目足胞科。体は頭部とそれを支える柄とから成り,それらを結ぶ根のような匍匐部でつながって群体をつくっている。体は淡黄灰色で,頭・柄部の長さは 3.5mm内外。頭部はほぼ球状で,この中に内臓を含んでいる。世界各地の海岸に分布し,岩石二枚貝類ホヤ海藻などに付着している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズコケムシ【Barentsia discreta】

曲形動物(内肛動物)足胞(そくほう)科の1種(イラスト)。別名ウミウドンゲ。世界各地の海岸に分布していて,岩,貝,ホヤや海藻などに付着している。体は全長4~5mmで,円筒状の柄部と丸い萼部とからなり,おのおのの柄部は細い走根で連なって群体をつくっている。萼部はコップ状で,前縁に沿って20~24本の触手が並んで触手冠をつくっている。内部には消化器官生殖器官などの内臓があって,触手冠の中に肛門が開いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズコケムシ
すずこけむし / 鈴苔虫
[学]Barentsia discreta

曲形(きょくけい)動物門足胞目バレントシア科に属する海産小動物。日本各地の沿岸に分布し、体長4.5ミリメートルぐらいで、数十個体が走根とよばれる器官で連なり、岩石、貝類、海綿類、ホヤ類、海藻類などの表面に着生する。体は萼(がく)部、柄部、走根からなり、萼部は透明な椀(わん)形で、上縁に20~24本の触手の冠がある。冠の中央部に口があり、微小生物を摂食する。走根から直立する柄部は、基部がよく発達した筋肉節と厚いクチクラに覆われた細長い部分からなる。クチクラは淡黄色ないし黄褐色で、ところどころに低い突起がある。この全体のようすが昆虫のクサカゲロウの卵塊の俗称であるウドンゲに似ているので、ウミウドンゲともよばれる。
 刺激を受けると基部筋肉節の屈曲によって、萼が鈴を振るように動くのが和名の由来である。生活条件が悪くなると萼部は失われ、柄部と走根だけになり、条件が回復すると萼部は容易に再生する。そのためか基部筋肉節には養分が蓄えられている。柄部、走根の小片から完全に再生することは実験によっても確かめられている。また、なんらかの理由で柄部の屈曲が阻害されたとき、萼部の下に新しい柄部がつくられ、その繰り返しで複数の筋肉節をもつ個体もあり、その筋肉節にも走根を生ずる能力がある。季節的な休眠は行わず、休芽はみられない。繁殖は有性生殖によるほかに、走根の先端で無性的に増殖するが、幼生は変態して成体となる。[紺野一碩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スズコケムシの関連キーワード曲形動物海優曇華

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android