コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズメノエンドウ

2件 の用語解説(スズメノエンドウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スズメノエンドウ

カラスノエンドウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズメノエンドウ
すずめのえんどう / 雀野豌豆
hairy vetch
[学]Vicia hirsuta (L.) S. F. Gray

マメ科の越年草。茎は長さ30~60センチメートル。葉は12~14枚の小葉からなる偶数羽状複葉、葉軸の先端は分枝する巻きひげとなる。小葉は狭卵形で長さ1~1.8センチメートル。4~6月、葉腋(ようえき)から出た長さ2~5センチメートルの総状花序に、多くは3~5花をつける。花は蝶(ちょう)形、淡紫色で小さく、長さ3~4ミリメートル。豆果は長楕円(ちょうだえん)形で、長さ0.6~1センチメートル、短毛があり、種子は2個ある。本州から沖縄の道端や野原に生え、ユーラシアと北アフリカの暖温帯に分布する。名は、同じくマメ科のカラスノエンドウ(正しくはヤハズエンドウ)に似ているが、小さいので烏(からす)に対し雀(すずめ)をつけて小形を表現したものである。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスズメノエンドウの言及

【カラスノエンドウ(烏豌豆)】より

… カラスノエンドウの名は熟した豆果が黒色になることをカラスにたとえたもので,若い豆果はサヤエンドウに似ている。このため同じ属で小型の豆果をもつ種類はスズメノエンドウ(雀豌豆)と呼ばれ,両種の中間の種類はカラスとスズメの間という意味でカスマグサと呼ばれている。ヤハズエンドウの名は小葉の先端が矢筈に似ることによる。…

※「スズメノエンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone