スタイケン(英語表記)Steichen, Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタイケン
Steichen, Edward

[生]1879.3.27. ルクセンブルク,ルクセンブルク
[没]1973.3.25. アメリカ合衆国,コネティカット,ウェストレディング
ルクセンブルク生まれのアメリカ合衆国の写真家。フルネーム Eduard Jean Steichen。1898年フィラデルフィア写真展に出品し,1900年ロンドンで開かれた新進アメリカ写真展に入選。1902年アルフレッド・スティーグリッツフォト・セセッション(写真分離派)に参加,以後アメリカの著名な人物の肖像写真を撮って写真家としての地位を確立した。1923年コンデナストの写真部長に就任,ファッション写真に新風を吹き込んだ。第2次世界大戦中は海軍写真部長,1947年ニューヨーク近代美術館 MoMA写真部長に就任。1955年同館において写真展『ザ・ファミリー・オブ・マン』を主催し,世界各国から集めた 200万枚の写真から 503枚を選んで展示,全世界から絶賛を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スタイケン

写真家,画家。ルクセンブルク生れ。1881年米国に移住。画家を志したが,のちにグラフィック・デザイン,写真の道に進む。米国の写真を新しい方向に導いた指導者であったスティーグリッツと1900年に出会い,多大な影響を受ける。1902年スティーグリッツによって組織された〈フォト・セセッション〉の創立会員となり,その芸術運動に参加。マティスピカソブランクーシなどヨーロッパの同時代の芸術家の仕事をニューヨークのギャラリーで紹介した。初期の作品には,プラチナ,カーボン,カロタイプなどの技法による絵画的な色彩の濃いものであったが,第1次大戦後は1923年から《ボーグ》誌の写真家として,シャープな画面のファッション写真を撮影。1947年,ニューヨーク近代美術館写真部門のディレクターに就任し,1955年に《ザ・ファミリー・オブ・マン(人間家族)》展を企画・開催した。
→関連項目ファン・デル・エルスケン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタイケン【Edward Steichen】

1879‐1973
アメリカの写真家。ルクセンブルク生れだが,1880年に両親とともにアメリカに移民している。スタイケンは幼いころから絵画に興味を持ち,写真を撮るようになったきっかけも,版画のモティーフの資料としてであった。彼は写真に,役に立つものと芸術的なものとを同時に見,それが写真への深い興味となり,生涯にわたる写真へのかかわり方の原点となった。第1次世界大戦までのスタイケンは,A.スティーグリッツらとともに〈フォト・セセッション(写真分離派)〉の設立メンバーとして活躍,写真芸術の推進者として彫刻家ロダンをその彫刻と組み合わせて撮ったポートレート(1902)など,数々の絵画的な写真の名作を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スタイケン【Edward Steichen】

1879~1973) アメリカの写真家。ルクセンブルク生まれ。ファッション写真家として近代的なスタイルを確立。ニューヨーク近代美術館の写真部長となり「人間家族」展を組織した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタイケン
すたいけん
Edward Jean Steichen
(1879―1973)

アメリカの写真家。ルクセンブルクに生まれ、のちアメリカに帰化する。印刷会社の下絵工から身をおこし、写真は独学で習得した。フィラデルフィアのサロン出品(1899)を機に、スティーグリッツに認められる。1923年には雑誌『ボーグ』や『バニティー・フェア』などの出版社で主任写真家となり、ファッションやハリウッドのスターの写真を多く手がけるようになる。第二次世界大戦中は空軍で戦略写真の技術指導にあたり、戦後は47年にニューヨーク近代美術館に迎えられ、写真部門の初代学芸部長を務めた。54年、彼の企画でヒューマニズムをテーマとした大写真展「ザ・ファミリー・オブ・マン」が開催され、世界各国に巡回されて大きな反響をよんだ。[平木 収]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android