スターリングエンジン(英語表記)Stirling engine

百科事典マイペディアの解説

スターリングエンジン

シリンダー中のガスを外部から加熱して,ガスの膨張仕事をピストンによって機械仕事に変換する外燃機関。1816年スコットランドのR.スターリングが特許を取得。多種の燃料が使え,低騒音・低振動,排気ガスの清浄化が容易などの特長をもつ。日本をはじめ米国,スウェーデンなどで開発が進められているが,実用化には至っていない。
→関連項目内燃機関熱機関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スターリングエンジン【Stirling engine】

シリンダーに入れたガスを外部から加熱して膨張させ,仕事を得る外燃機関。原理的には,同じ温度範囲で作動するカルノーサイクル熱機関と等しい熱効率をもつため,夢のエンジンといわれてきた。1816年にスコットランドのスターリングRobert Stirling(1790‐1878)が特許を得て以来,19世紀の終りまでは,空気を作動流体とする簡便で安全なエンジンとして,蒸気機関と並んで結構実用されていたが,ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど,いわゆる内燃機関の出現,実用化とともに,いつのまにか姿を消してしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スターリングエンジン【Stirling engine】

外燃機関の一。シリンダー内に封じた水素・ヘリウムなどのガスの圧力を、外部からの加熱・冷却によって変化させ動力とするもの。熱効率が高く、振動や騒音が少ない。1816年、イギリスのスターリング(R. Stirling)が考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スターリング‐エンジン

〘名〙 (Stirling engine) シリンダー内に水素・ヘリウムなどの気体を封入し、外部から加熱・冷却を繰り返してピストンを作動させるエンジン。熱効率が高く、排ガスが清浄化しやすい。イギリス人、R=スターリングが一八一六年に考案したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スターリングエンジンの関連情報