コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターリングエンジン スターリングエンジン Stirling engine

5件 の用語解説(スターリングエンジンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スターリング‐エンジン(Stirling engine)

シリンダー内に水素ヘリウムなどの気体を封入し、外部から加熱・冷却を繰り返してピストンを作動させるエンジン熱効率が高く、排ガスが清浄化しやすい。英国の牧師R=スターリングが1816年に考案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スターリングエンジン

シリンダー中のガスを外部から加熱して,ガスの膨張仕事をピストンによって機械仕事に変換する外燃機関。1816年スコットランドのR.スターリングが特許を取得。多種の燃料が使え,低騒音・低振動,排気ガスの清浄化が容易などの特長をもつ。
→関連項目内燃機関熱機関

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

スターリングエンジン【Stirling engine】

スターリングサイクル*を利用して,高温ガスの膨張によって仕事をさせるエンジン.膨張のための熱はシリンダ外壁から供給される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スターリングエンジン【Stirling engine】

シリンダーに入れたガスを外部から加熱して膨張させ,仕事を得る外燃機関。原理的には,同じ温度範囲で作動するカルノーサイクル熱機関と等しい熱効率をもつため,夢のエンジンといわれてきた。1816年にスコットランドのスターリングRobert Stirling(1790‐1878)が特許を得て以来,19世紀の終りまでは,空気を作動流体とする簡便で安全なエンジンとして,蒸気機関と並んで結構実用されていたが,ガソリンエンジンディーゼルエンジンなど,いわゆる内燃機関の出現,実用化とともに,いつのまにか姿を消してしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スターリングエンジン【Stirling engine】

外燃機関の一。シリンダー内に封じた水素・ヘリウムなどのガスの圧力を、外部からの加熱・冷却によって変化させ動力とするもの。熱効率が高く、振動や騒音が少ない。1816年、イギリスのスターリング(R. Stirling)が考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スターリングエンジンの関連キーワードホンダ 可変シリンダー(V6 3.0L i-VTEC)ショックアブソーバーシリンダー錠排気量シリンダーシルエットシリンダー油融出法シリンダー箱錠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スターリングエンジンの関連情報