コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターリン憲法 スターリンケンポウ

デジタル大辞泉の解説

スターリン‐けんぽう〔‐ケンパフ〕【スターリン憲法】

1936年にスターリンを起草委員長として制定されたソ連の憲法。国営企業・コルホーズなどからなる社会主義経済機構、労働権と民族の平等、自治権などを定めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スターリン憲法【スターリンけんぽう】

ソビエト連邦憲法の通称。社会主義の基礎の確立に対応して,ソ連邦成立後最初の1924年憲法に代わり1936年制定。スターリンの直接指導によって制定されたので,この名で呼ばれる。
→関連項目憲法ソビエト連邦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スターリンけんぽう【スターリン憲法 Stalinskaya konstitutsiya】

1936年12月5日に成立したソ連邦の憲法。スターリンの直接指導のもとに制定されたとして,当時このように呼ばれたが,スターリン批判後は,ソ連でも〈36年憲法〉と呼ばれている。内容的にも,当時のスターリンの理論と必ずしも一致しない規定があって,この呼称には強い異論がある。 この憲法は,1930年代初頭に,ソ連において社会主義が基本的に勝利し,階級諸勢力の相互関係が変化したとの理解のうえに,過渡期の憲法とされていた1924年憲法の改正として提起され,制定されたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スターリンけんぽう【スターリン憲法】

1936年スターリンを起草責任者として制定されたソ連憲法の通称。国民の諸権利の保障、選挙権制限の撤廃などを定めた一方で、国政の党代行制を強化。77年に改定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターリン憲法
スターリンけんぽう

ソビエト憲法」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スターリン憲法の関連キーワードソビエト連邦史(年表)E. パシュカーニスソビエト連邦憲法ロシア新憲法選挙権制限ストゥチカソ連共産党大粛清社会権改定撤廃国政保障

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android