コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステパノ Stephanos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステパノ
Stephanos

エルサレム教会7人の執事の一人,キリスト教会最初の殉教者 (使徒行伝6・8~7・60) 。ギリシア語を用いるユダヤ人の弟子のなかから選出され,やもめたちなどの世話のほか,宣教にも従事し力ある説教を行なったが,エルサレムの民衆や長老,律法学者たちとその先祖を批判したため激しい反感を買い石打ちの刑を受けた。パウロはこの事件を目撃しており彼の処刑に同意していたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステパノ【Stephen】

キリスト教徒として最初に殉教した,1世紀の聖人。生没年不詳。ラテン語でステファヌスStephanus,フランス語でエティエンヌÉtienne。使徒たちの伝道活動の補佐役に選ばれ,ユダヤ社会の貧者の世話にあたった。しかし,神を冒瀆した罪に問われ,石打ちの刑を受けて殉教。その執行に立ち会ったのがサウロ(後のパウロ)である(《使徒行伝》6~7章)。約400年後に遺骨と考えられたものの一部が発見され,ラウレンティウスの墓の中に納められたが,そのおり,後者の遺骨は横に寄って場所をあけたと言い伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ステパノ【Stephanos】

キリスト教徒として最初の殉教者。聖人。初代教会で十二使徒の補佐役を務めていたが、石打ちの刑により殉教。使徒行伝に伝えられる説教はのちのキリスト教徒によるユダヤ教批判の典拠となった。スティーブン。エティエンヌ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステパノ
すてぱの
Stephanosギリシア語
Stephen英語
(?―30ころ)

初期キリスト教の指導者の1人。最初の殉教者。ユダヤ人であるが、おそらく外地出身で、ヘレニズムの影響を強く受けていた。イエスの死後エルサレムでキリスト教に接し、教会に加わった。『新約聖書』の「使徒行伝(ぎょうでん)」6、7章によれば、ユダヤ教的伝統からの自由を強調したため、ユダヤ人の反感を買い、石打ちのリンチで殺された。その際、彼の影響下にある人々が周辺各地に散らされたことが、キリスト教の世界伝道の布石となった。[佐竹 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のステパノの言及

【原始キリスト教】より

…しかし,〈十二使徒〉はルカまたはルカ時代(80年代~90年代)のキリスト教の理念であって,史的存在ではない。またルカによれば,原始教会がまずエルサレムに成立し,ここから,エルサレム教会に対するユダヤ教徒の迫害を契機に,その際律法と神殿に対する批判のゆえに殉教したステパノのグループ(いわゆる〈ヘレニスタイ〉)に担われて,福音がサマリア,シリアへと宣教されていき,それにまずペテロが,次いでパウロが加わって,福音はエーゲ海周縁諸都市から遂にはローマにまで達した(60ころ)といわれる。このような福音宣教の経過は,大筋において史実に合致するが,エルサレムからローマへというキリスト教の直線的展開の描写には,〈エルサレム中心主義〉に傾くルカの傾向が強く出ていて,必ずしも史実と一致しない。…

【ピリポ】より

…1世紀後半の最初期キリスト教におけるユダヤ人伝道者。《使徒行伝》6章5節によれば,ステパノと同じくユダヤの律法から自由なヘレニズム的キリスト教を宣教した7人の指導者の1人とされる。ステパノの迫害ののちサマリアに伝道し,そこでシモン・マグスを入信させ(《使徒行伝》8:1~13),さらにエルサレム南方のガザでエチオピア人の宦官に洗礼を授けた(同8:26~39)とされる。…

【ミソサザイ(鷦鷯)】より

…地鳴きは,ウグイスの〈笹鳴き〉に似ていて,チョッチョッと鳴く。【斎藤 隆史】
[民俗]
 ミソサザイは,ヨーロッパでは旧年(過ぎ去っていく年)の象徴とされ,毎年聖ステパノの日(キリスト教会最初の殉教者ステパノの祝日,12月26日)に新年の象徴であるロビンに追われるという。そのためイギリスとフランスでは,この日に子どもたちがミソサザイをたくさんつかまえ,死骸をもって家々を回り,金銭をもらい歩く習俗もあった。…

※「ステパノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステパノの関連キーワードノートル・ダム大聖堂シュパイヤー大聖堂キリスト教徒迫害カルパッチョバロック美術12月28日スティーブンキリスト教徒ロドチェンコセルゲーエフ聖ステパノ門聖アンナ教会3月16日アルバジン8月11日4月14日クリスマス獅子の門5月1日モトブン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android