コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステラジアン steradian

翻訳|steradian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステラジアン
steradian

立体角の大きさを表わすSI補助単位。記号 sr 。1 sr は球の半径の2乗に等しい面積をもつ球面上の面分が球の中心に対してつくる立体角平面角に対するラジアンを立体角に拡張したもので,半径 r の球の表面積は 4πr2 であるから,中心のまわりの全立体角は (4πr2/r2)sr=4πsr となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ステラジアン

ラジアンは平面角の単位、ステラジアンは立体角の単位。円周上で、その円の半径と同じ長さの弧を切り取る2つの半径に挟まれた平面角が1 radで、度で表すと180/π(円周率)、すなわち、約57.3度となる。球の中心を頂点とし、球面上でその球の半径の2乗の面積を切り取る錐体に含まれる立体角が1 srで、全立体角は4π srとなる。このように、平面角、立体角は、それぞれ長さの比、長さの2乗の比で表されるため、基本量(長さ)の次元を含まない。したがって、これらの単位はいずれも数「1」と同じになり、代数式(量の方程式など)の中で角度の次元を明示できない、という不便がある。そこで、SIでは、ラジアンとステラジアンを固有の名称を持つ組立単位としている。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ステラジアン(steradian)

国際単位系(SI)の立体角の単位。1ステラジアンは、球の半径の平方に等しい面積をもつ球面上の部分を、球の中心から見るときの立体角。一点から見た全立体角は4πステラジアン。記号sr

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ステラジアン

立体角の単位。記号sr。1ステラジアンとは,球の半径の平方に等しい面積をもつ球面上の部分が中心に対して張る立方角の大きさをいう。全球面が中心に対して張る立方角は4πステラジアン。
→関連項目カンデラ光度ルーメン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステラジアン【steradian】

立体角の単位で,記号はsr。空間の中の1点Oからでる半直線が動いて空間のある部分を囲むとき,囲まれた部分をOのまわりの立体角といい,ステラジアンは,球の中心を頂点とし,その球の半径を1辺とする正方形の面積に等しい面積をその球の表面上で切りとる立体角である(図)。すなわち半径1mの球面から立体角が切りとる面積がa(m2)のとき,立体角はa(sr)である。国際単位系では立体角が一つの面積と一つの長さの2乗との比で表現されることを考慮して,これを次元をもたない組立量と考えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステラジアン【steradian】

立体角の単位。半径が a である球面上にある面積が a 2 である図形を、球面の中心から見たときの立体角を一ステラジアンとする。一点を囲む全立体角は四 π ステラジアン。記号 sr  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

ステラジアン【steradian】

立体角の国際単位。記号は「sr」。1srは球面上で半径と同じ長さを平方した面積が切り取る錐(すい)体が中心に対してなす立体角。球面全体が中心に対してなす立体角は4πステラジアンである。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステラジアン
すてらじあん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ステラジアンの関連キーワードカンデラ(光度の単位)標準電球補助単位空洞放射RAD光束lm計測CD

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android