コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストイシズム stoicism

翻訳|stoicism

大辞林 第三版の解説

ストイシズム【stoicism】

ストア学派の学説。
ストア学派風の克己禁欲主義。厳格主義。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストイシズム
すといしずむ
stoicism

(1)古代ギリシアのストア哲学のこと。(2)ストア学派の影響によって生まれた一つの精神的態度。ことに実践道徳において、喜悦や悲哀の感情を圧伏し、平静に無関心な態度で運命を甘受する人世観をいう。「ストイック」ともいう。ストア学派の古い人々の著作は早くから散逸したが、セネカ、エピクテトス、マルクス・アウレリウスの著作は広く愛読され、後代への影響は大きかった。古代末期や中世においては、ストア学派のいろいろの学説、ことにその内的自由の倫理説はキリスト教倫理の形成、修道院生活の理想に影響を及ぼした。
 16、7世紀はまたストア説の再興期であって、近代の思想文芸にも広い反響を生んでいる。シェークスピアの『じゃじゃ馬馴(な)らし』の一節、「只(ただ)、ねえ、旦那(だんな)さま、その、美徳とか、道徳の修行とかいうことあ結構とは存じますが、どうか、ま、ストイックだの、丸太棒(ストツク)だのには成りたくないものでございます」(第一幕、第一場、31行。坪内逍遙(つぼうちしょうよう)訳)はその一端を示すもので、ストア学派の無感情を皮肉ったものである。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のストイシズムの言及

【ストア学派】より

…世界は巨大なポリスであり,人間は〈世界市民(コスモポリテスkosmopolitēs)〉として,この世俗においても一定の役割を果たさなければならない。宇宙秩序に対する透徹した観照から,情念や思惑にかき乱されない〈不動心(アパテイアapatheia)〉を養い,厳しい克己心と義務感を身につけてこの世を正しく理性的に生きること,これをストア学派的生活と呼ぶが,この事情は英語のストイックstoic,ストイシズムstoicismなどの語に反映されている。 ゼノンの高邁(こうまい)な生き方は,クレアンテスクリュシッポスに受け継がれた。…

※「ストイシズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストイシズムの関連キーワードエピキュリアン・マリウスstoicism川上宗薫高橋睦郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストイシズムの関連情報