コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリップミル strip mill

百科事典マイペディアの解説

ストリップミル

厚い鋼板から帯状の薄い鋼板(ストリップ)を製造する連続式圧延機。1920年代に米国で開発,自動車生産の増加による薄鋼板需要の急増と品質の高度化の要求で急速に発展し,従来のプルオーバーミルを駆逐した。量産性,高寸法精度,高歩留りで低コストなどの特長をもつ。ふつう4〜6台の4重式圧延機が縦に結合され,各圧延機の速度・圧下量は一定の関係に制御されていて,一度通過させるだけで所定の厚さの製品が得られる。ホットストリップミル(熱間)で1.2mm程度に,コールドストリップミル(冷間)でさらに薄く圧延,両者の組合せにより鋼片から最小0.2mm程度のものが自動的に生産される。
→関連項目圧延機鋼板分塊圧延機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ストリップミル【strip mill】

圧延機の一。薄板の帯鋼を作るためのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のストリップミルの言及

【圧延機】より

… 1900年前後に電動機が使用されるようになると,動力の制御の面で非常に大きな可能性が与えられた。すなわち,速度制御,出力制御,可逆性などがかなりの正確度で可能となり,圧延機を数台近接して配列し,1本の材料を連続して圧延するストリップミルstrip millと呼ばれるタンデム形式の連続圧延機や,同一圧延機で何回も往復して圧延する往復(可逆式)圧延機reversing millなどが続々と開発され,また圧延機の速度も飛躍的に上昇した。第2次大戦前は往復圧延機のほうが速度が速かったが,戦後の計測と制御の技術進歩によって,1980年代にはタンデム圧延機のほうが高速となり,さらに電子技術の進歩,圧延の現象面からの特性についての理解の深化などによって,圧延機操作の自動化と高速化とが可能となった。…

【鉄】より

… 圧延法も変貌しつつある。20世紀前半期にアメリカで薄板と線材の連続圧延が完成し,戦後は薄板連続圧延(ストリップミル)が日本およびヨーロッパに大規模に導入されるに至った。さらに造塊(鋼塊)―分塊(鋼片)―製品圧延(鋼材)という旧来方式は,溶鋼の連続鋳造の工業化によって大きく変わりつつある。…

【鉄鋼業】より

…20世紀に入ってからの鉄鋼技術の発展は,既成の製銑→製鋼→圧延の各工程の大型化,高速化,連続化の積重ねである(ただし,電気炉製鋼法による特殊鋼の製造は別)。とくに1920年代のアメリカにおいて出現したストリップミル(連続式圧延機)は圧延工程の連続化,高速化,大能力化を飛躍的に進めた。圧延工程の技術革新に伴って分塊(鋼の塊を適当な大きさに切断する)工程の能力も拡大した。…

※「ストリップミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ストリップミルの関連キーワードストリップ・ミルオートメーション冷間圧延鋼材熱間圧延鋼材連続製鋼法重化学工業電縫鋼管ドラム缶川崎製鉄溶接鋼管広幅帯鋼鉄鋼業転炉鋼冶金帯鋼薄板

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android