コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパン span

翻訳|span

デジタル大辞泉の解説

スパン(span)

ある時間の幅。「10年のスパンで考える」
梁(はり)・アーチ・橋梁(きょうりょう)などの、支点柱と支点柱との間の距離。梁間(りょうかん)。径間支間。わたり。
翼幅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

スパン

流れと直角方向に測った,横列リップル(transverse ripple)の先端の間の水平距離[Allen : 1968].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

パラグライダー用語辞典の解説

スパン

翼幅。 左右の翼端どおしの距離のこと。 アスペクト比参照

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スパン【span】

はり・小屋組み・アーチ・橋などの、支点間の距離。梁間はりま。支間。径間。わたり。
飛行機の、翼端から翼端までの長さ。翼幅。
時間的な間隔。期間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

スパン【span】

梁(はり)・アーチなどの支間の距離。◇「梁間(はりま)」「わたり」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパン
すぱん
span

(はり)、桁(けた)、アーチ、トラスの相隣る2個の支点間の距離、またはシェル構造、空気膜構造、吊(つ)り屋根構造のように、柱のない大空間を覆う屋根構造の周辺支持構造物の最大幅やそれと直交する方向の幅をいう。「スパン20メートルのアーチ」などといい、構造物の大きさを示す語句に用いられる。大空間を覆う屋根構造を大スパン構造という。本来は支持体間の内法(うちのり)寸法を意味するが、その心心距離(中心から中心まで)をさす場合もある。[中村恒善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スパンの関連キーワードタイ・フィルハーモニック管弦楽団スパンクリートコーポレーションベルリン=シュチェチン運河モンティ アレクサンダーモンティ アレグザンダートレムセンの大モスクウィチットワタカーンカラウィーン・モスクマルグリュー ミラーソルビタンエステルコルドバの大モスク舌状リップルマークスパンキーバローアスペクト(比)せきもとぶりき天井クレーンパルトニー橋水平形状指数ワイドスパン一目均衡表

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スパンの関連情報