スパン(読み)すぱん(英語表記)span

翻訳|span

日本大百科全書(ニッポニカ)「スパン」の解説

スパン
すぱん
span

(はり)、桁(けた)、アーチ、トラスの相隣る2個の支点間の距離、またはシェル構造空気膜構造、吊(つ)り屋根構造のように、のない大空間を覆う屋根構造の周辺支持構造物の最大幅やそれと直交する方向の幅をいう。「スパン20メートルのアーチ」などといい、構造物の大きさを示す語句に用いられる。大空間を覆う屋根構造を大スパン構造という。本来は支持体間の内法(うちのり)寸法を意味するが、その心心距離(中心から中心まで)をさす場合もある。

[中村恒善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「スパン」の解説

スパン

〘名〙 (span)
① 梁(はり)、アーチなどの支点間の距離。支柱から支柱までの間隔。橋脚から橋脚までの距離。径間。わたり張り間。
※風俗画報‐一六五号(1898)人事門「スパンとは橋台より橋台に至る間を云ふ」
② 飛行機の両翼の端から端までの間隔。翼スパン。翼幅翼長
③ ある時間の幅。期間。
歩幅や、手の指を伸ばした長さをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「スパン」の解説

スパン(span)

ある時間の幅。「10年のスパンで考える」
梁(はり)・アーチ・橋梁(きょうりょう)などの、支点柱と支点柱との間の距離。梁間(りょうかん)。径間。支間。わたり。
翼幅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典「スパン」の解説

スパン

流れと直角方向に測った,横列リップル(transverse ripple)の先端の間の水平距離[Allen : 1968].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android