スピードスプレーヤー(英語表記)speed sprayer

百科事典マイペディアの解説

風量の大きい送風機の送風口に多数のノズルを配置して,大量の噴霧粒子を風のエネルギーで遠くへ送り,移動しながら薬液を散布する送風式噴霧機。トラクターによって牽引(けんいん)する形式と自走する形式がある。薬液タンク,ポンプ,送風機,ノズルおよびエンジンなどが台車に取り付けられている。連続走行散布を行う高性能な機械であるため,大規模な果樹園などの病害虫防除に利用されている。
→関連項目噴霧機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンゴ,ナシ,ブドウなどの果樹園において,樹間の通路を走行しながら薬液を散布するのに使われる防除機。果樹園の防除作業は,果樹のが高く,範囲も広いため重労働である。その労力を軽減し防除効果を上げるため,効率よく使用できる走行連続散布式大容量防除機としてスピードスプレーヤー(略してSSともいう)が開発された。アメリカを中心に発達し,1954年に日本へ輸入され,現在では果樹園で広く利用されている。スピードスプレーヤーの構造は,薬液タンク,ポンプ,ノズルなどの送液装置,送風機,導風板などの送風装置,台車,車輪などの走行装置およびエンジンよりなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果樹を対象にした走行式防除機をいう。送風機をもち、その吐き出し口に配置したノズルから薬剤を噴霧し、液滴は送風機の空気流によって細粒化され、また搬送されて対象作物に吹き付けられる。
 スピードスプレーヤーの主要部はエンジン、ポンプ、送風機、薬液タンクからなり、自走式、牽引(けんいん)式、搭載式の3種類に分類される。自走式はもっとも一般的な形式で、自走車台に各部を配置したもので、牽引式は、被牽引車台にすべてを搭載してトラクターで牽引する形式のものである。搭載式は、薬液タンクのみを牽引し、そのほかの部分はトラクターに搭載して使用されるものをいう。スピードスプレーヤーは1956年(昭和31)に初めてアメリカより北海道の民有園に導入され、翌1957年から国産化されて主要リンゴ産地に導入された。これらのものは牽引式であったが、その後、面積が小さく、枕地(まくらじ)(機械の回転に必要な空地)が狭いのに加えて傾斜地が多い日本の果樹園に使いやすい自走式のものが発達し、数年を経ずして牽引式と交代した。
 スピードスプレーヤーは、それまでもっとも能率的な方法であった固定配管による防除法に比べて5分の1から10分の1の労力で行えるうえに、ほぼ同等な防除効果が得られることから急速に普及し、急傾斜地にあるミカン園を除いてほとんどの果樹に使用されるようになった。
 その後、その走行性能は、傾斜地、狭い園地に対して向上がみられ、園地の整備による急傾斜の解消もあり、2000年代には、すべての果樹の防除について中心的役割を果たすようになった。また、散布農薬、転倒、樹への衝突などから運転者を防護するための密閉キャビンが設けられているものもある。しかし、スピードスプレーヤーには、その散布機構から、隣接する他作物や住宅等に散布薬液が漂流して薬害を発生する危険があり、対象果樹に対するノズルの配置、散布圧力を適切にするなどの配慮が必要である。[平田孝三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (speed sprayer) 果樹園などで用いられる薬剤散布機の一つ。送風機で風を送り、薬剤を広く散布するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピードスプレーヤーの関連情報