コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ心臓 スポーツしんぞうSportherz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーツ心臓
スポーツしんぞう
Sportherz

特にスポーツ選手など,長期間激しい肉体運動を続ける人にみられる心臓の状態。左右に大きくなっており,1回の収縮による血液輸送量も大きく能率がよい。しかし心筋発達が伴わないと心不全の原因となるおそれがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スポーツ‐しんぞう〔‐シンザウ〕【スポーツ心臓】

athletic heart, athlete's heartマラソン水泳・ボートなど持久力を要するスポーツの選手に見られる、心臓が肥大する症状。病気ではなく、スポーツを中止すると平常のサイズに戻るのが一般的。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スポーツ心臓【スポーツしんぞう】

スポーツマンのように長期にわたり,激しい肉体運動を続ける人たちにみられる心臓の状態。心臓は左右に肥大し,胸部X線写真上,球形を呈する。脈拍はゆるやかになり,脈圧も大となることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポーツしんぞう【スポーツ心臓】

マラソン,自転車,水泳,ボートなどのスポーツ選手にみられる大きな心臓。1899年スウェーデンの医師ヘンシェンがスキー選手の診察をして,病気がないのに心臓が大きくなっていることに気づいてスポーツ心臓と名づけた。高血圧や心臓弁膜症などの病気でも心臓が大きくなるが,このような病的な大心臓とスポーツ心臓との最も重要な相違は,病的な場合には心機能が低下しているのに,スポーツ心臓では心機能が優れている点である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スポーツしんぞう【スポーツ心臓】

スポーツをすることにより肥大した心臓。マラソン・水泳など心肺機能のすぐれたスポーツ選手に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスポーツ心臓の言及

【心臓肥大】より

…心臓弁膜症,先天性心疾患などの心臓病のほか,高血圧,貧血,甲状腺機能亢進症,呼吸器疾患などに際してみられ,運動選手などでは,運動による過負荷によって起こる。運動選手にみられる心臓肥大は〈スポーツ心臓〉とも呼ばれる。また特発性肥大型心筋症による場合もあるが,この場合,肥大の原因は不明で,先天的に肥大が起こりやすい素質によると考えられている。…

※「スポーツ心臓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スポーツ心臓の関連キーワードスポーツマン心肺機能徐脈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポーツ心臓の関連情報