スマート爆弾(読み)スマートばくだん(英語表記)smart bomb

翻訳|smart bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベトナム戦争でアメリカ軍が使用した誘導爆弾の俗称。爆弾には推進力はないが,若干の操縦装置を有し,小範囲の落下弾道の修正を行うことができる。誘導用のセンサーは,レーザーまたはテレビジョン TV装置を使用する。母機または誘導機がレーザー光線によって目標を照射すると目標からの反射波を爆弾が感知し,これに向うように操縦装置を動かして弾道を修正して目標に命中させる。 TV誘導の場合には,爆弾の TVカメラが目標を捕えると,母機を離れたあと,この目標に向うように爆弾が操縦され,落下弾道が修正されて命中する。 1972年5月ベトナムのタンホア鉄橋破壊のために初めて使用され,その後,鉄橋,鉄道,発電所,倉庫など重要な目標を攻撃航空機の大きな損害なしに破壊することができた。しかしレーザー爆弾の場合には,レーザー照射機が目標付近からの反撃によって相当の危険にさらされるおそれがあり,TV爆弾の場合には夜間,雨,霧などの障害を受け,また大規模な煙幕などによる妨害によって効果は減殺される。最近のスマート爆弾には,射ちっぱなし式 fire and forget,つまり目標にスマート爆弾をロックオンしたあと,母機は命中までレーザー照射する必要なく回避運動に移れる方式のものもある。湾岸戦争ではアメリカ軍がイラクのバグダードにある軍事目標に対してスマート爆弾を使用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

精密誘導兵器の一種。レーザー光線やテレビカメラで目標に正確に誘導される爆弾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精密誘導兵器の一種。スマート爆弾という名称はアメリカ軍の俗語である。レーザー光線あるいはテレビカメラを利用して、目標に爆弾を自動的に誘導するので、命中精度がきわめて高い。ミサイルではない。ベトナム戦争末期にアメリカ空軍が初めて使用して威力を発揮した。1981年6月のイスラエル空軍によるイラクの原子炉爆撃にもこの爆弾が使われたといわれている。[服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (smart bomb の訳語) 精密誘導兵器の一つ。レーザー光線やテレビカメラを利用して、目標に爆弾を誘導するもの。ベトナム戦争でアメリカ空軍が初めて使用した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスマート爆弾の言及

【精密誘導兵器】より

… 1943年9月,ドイツ軍は航空機から投下された目視線指令誘導爆弾により,イタリア戦艦〈ローマ〉を地中海で撃沈したが,これがこの種の兵器が実戦で使用された最初である。第2次大戦後では,1972年5月にアメリカ軍機から発射された少数のスマート爆弾が,それまで通常爆弾では何回も試みて成功しなかった北ベトナムの橋を破壊して有名になった。誘導爆弾の誘導方式としてはテレビ誘導とレーザー誘導の2種が代表的である。…

※「スマート爆弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android