コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スメリー スメリー Smellie, William

2件 の用語解説(スメリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スメリー
スメリー
Smellie, William

[生]1697. ラナーク
[没]1763.3.5. ラナーク
イギリスの産科医。産科および助産を科学的に教えた最初の人。地方で 20年診療にあたったのち 1739年,ロンドンで開業。学生の実習を条件に貧しい婦人には無料で助産したことから,従来,産婆の経験のみに頼っていた出産に,医学的訓練を受けた人が必要とされるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スメリー
スメリー
Smellie, William

[生]1740. エディンバラ
[没]1795.6.24. エディンバラ
イギリス,スコットランドの編集者,博物学者。『ブリタニカ百科事典』 (3巻,1768~71) の初版編纂者とされ,フランスの著名な博物学者 G.ビュフォンの『博物誌』の翻訳家としても知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スメリーの関連キーワードニューラナークラナートインナーサークルコーナーワークデキストラナーゼモナークウィナーズサークルスナーク狩りダークサマナーペブスナー,N.N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スメリーの関連情報