スモーガスボード(英語表記)〈スウェーデン〉smörgåsbord

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

スモーガスボード【smörgåsbord(スウェーデン)】

スウェーデン、デンマークなど北欧の料理で、テーブルに数多くの料理を並べ、各自でとって食べるもの。まずにしんの酢漬け、鮭やうなぎの燻製、キャビアなどの冷たい魚料理から食べ始め、ハムやレバーペーストなどの冷たい肉料理、その後に温かい魚・肉料理、最後にデザートを食べる。◇「スモーガス」は「バターつきのパン」、「ボード」は「テーブル」の意。もとはオープンサンドイッチなどの前菜を中心としたものであった。日本のバイキング料理は、これをヒントにできたとされる。⇒バイキング料理

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スモーガスボード【smörgåsbord】

〔スモーガスはバターつきパンの意〕
スウェーデン料理。魚・肉料理、サラダ、飲み物などを何種類も卓上に置き、各自が自分で取って食べるもの。いわゆるバイキング料理の原型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スモーガスボード
すもーがすぼーど
smrgsbordスウェーデン語

スウェーデンの代表的料理。スウェーデン人の食生活は一般に簡素なものだが、スウェーデン料理の代表格として知られるスモーガスボードは、いわばこの国の海の幸、山の幸の集大成ともいえる豪華なもので、日本でも盛んなバイキング料理の原型である。
 ニシンの酢漬け、サケのマリネ、ハム、レバーペースト、ローストビーフ、サラダ類といった冷菜から、ハンバーグ、グラタンなどの温かい料理、そして何種類ものパンやチーズ、甘いものまで、50種以上に及ぶ料理を並べたテーブルから、それぞれ好みのものをとって食べる、いわゆるセルフサービスの形式で楽しむ御馳走(ごちそう)である。飲み物は普通、アクアビットとよばれるジャガイモの蒸留酒で、アルコール度40~45%の強いものだが、さわやかな口あたりが食欲をそそる。スモーガスとは、バターを塗ったパンの意で、デンマークの有名なオープン・サンド、スミョルブロイと同義である。スウェーデンでも一般家庭ではパンにありあわせの料理をのせたスモーガスはよく食べられるが、スモーガスボードはかならずしもパンの上にはのせない。ちなみにボードは食卓を意味する。冬ごもりの食料を持ち寄って食べたのが始まりとする説、バイキングたちが好んで食べたとする説などあるが、定説はない。ただいえることは、本来はもっと簡素な、あるいは粗野なものであっただろうということである。[角田 俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android