スリコフ(英語表記)Surikov, Vasilii Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリコフ
Surikov, Vasilii Ivanovich

[生]1848.1.24. クラスノヤルスク
[没]1916.3.19. モスクワ
19世紀ロシアの代表的画家。移動展派の一人で,社会主義リアリズムの先駆をなした。サンクトペテルブルグ美術アカデミーに学び,イタリア,スペインを旅行,中世の絵画ならびにパオロ・ベロネーゼティツィアーノ・ベチェリらの影響を受けた。歴史画が多く巨大な構図と激しい色彩で,専制,圧政に立ち向かった自国の人民の姿を表現。主要作品『大貴族モロゾワ』(1887,トレチヤコフ国立美術館),『エルマクのシベリア征服』(1895,ロシア国立美術館)など。(→ロシア美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スリコフ

ロシアの画家。シベリア,クラスノヤルスク生れ。社会主義リアリズムを標榜した〈移動展派Peredvizhniki〉の画家の一人で,ロシア史に題材を求めたモニュメンタルな作品を得意とした。代表作にトレチヤコフ美術館蔵の《銃兵処刑の朝》(1881年),《ベリョーゾフのメンシコフ》(1883年),《大貴族夫人モロゾワ》(1887年)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スリコフ【Vasilii Ivanovich Surikov】

1848‐1916
ロシアの歴史画家。〈移動展派〉の主要作家。シベリア,クラスノヤルスクのコサックの家に生まれる。1869‐75年,ペテルブルグの美術アカデミーでチスチャコフに師事,教育を終えてモスクワに移り住む。絵画がブルジョア階級のものであることに疑問を抱いた画家の一人で,支配階級やブルジョアジーに対する反感は,民衆や敗者への共感となり,《銃兵処刑の朝》(1881)や《大貴族夫人モロゾワ》(1887)のような悲劇的な歴史を回顧した大作を生んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スリコフ
すりこふ
Василий Иванович Суриков Vasiliy Ivanovich Surikov
(1848―1916)

ロシアの画家。クラスノヤルスクのコサックの家庭に生まれる。ペテルブルグの美術アカデミーでチスチャコフに師事した。学生時代から歴史画に興味をもち、一貫して歴史画を描いた。『親衛兵処刑の朝』(1881)、『ベリョーゾボのメンシコフ』(1883)、『モロゾフ大貴族夫人』(1887)、『イェルマークのシベリア征服』(1895)、『スボーロフのアルプス越え』(1899)などが有名。いずれもロシア史にとってきわめて重要な歴史的エピソードを題材としており、国民的な共感を得た。ソビエト時代になっても高く評価され、国立モスクワ美術大学は彼の名を冠し、スリコフ記念美術大学とよばれていた。生地クラスノヤルスクには個人美術館が開かれている。[木村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android