コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーインポーズ すーぱーいんぽーず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スーパーインポーズ

2つの画像を合成して表示すること。背景画像の上に文字を重ねて表示したもの。たとえば、テレビ画面上の文字表示や映画の字幕スーパーインポーズの一種である。この場合、略して「スーパー」と呼ばれることもある。最近のデジタルビデオ編集ソフトにも、この機能が付いている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スーパーインポーズ(superimpose)

映画・テレビで、二つの画面を重ねて一つの画面を作ること。また、画面の隅にせりふや説明などの文字を焼き付けること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スーパーインポーズ

元来は写真用語で,2枚の写真ネガ原板を重ね合わせて焼き付けること。ふつうは映画の画面に文字,記号等を重ねて焼き付ける字幕〈スーパーインポーズド・タイトル superimposed title〉のことをいい,特に外国映画の日本語字幕を指す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スーパーインポーズ

元来写真術の用語で,2枚の写真ネガ原板を重ね合わせて焼き付け1枚の写真をつくる方法で,二重焼付け法と呼ばれる。ふつうは映画の画面に重ねる字幕superimposed titleのことをいい,とくに外国映画につける日本語字幕をさす。日本ではトーキーの初期からこの方法で外国映画の日本語版がつくられている(1931年上映の《モロッコ》が最初)。せりふが話されている間に読めるように縮めた訳文であることに特色がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スーパーインポーズ【superimpose】

画面に重ねて合成した文字や図。映画やテレビの画面に挿入した、会話・ナレーションの翻訳・説明の字幕など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパーインポーズ
superimpose

映画用語で,フィルムの二重焼付けをいう。また一般的には外国映画の翻訳字幕のこと。

スーパーインポーズ
superimpose

法医学で死体個人識別に用いる方法。頭蓋骨が発見されたとき,その写真を撮影し,当人生前顔写真と思われるものと合せて現像して,同一人かどうかを調べる方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパーインポーズ
すーぱーいんぽーず
superimpose

映画用語。「上に重ねる」という原義から、写真用語として二つの画像を重ねて焼き付けることをいったが、今日一般には、外国映画などの画面内に台詞(せりふ)の訳文を焼き込むことをいう。略してスーパー。日本最初の外国映画日本語スーパーインポーズは『モロッコ』(1931)であった。映画フィルム上に写真的に文字などを白く焼き込むスーパーインポーズ字幕superimposed titleと、映画フィルムの膜面を文字などの部分だけ白く打ち抜くインプレス字幕impressed titleの2種がある。なお字幕でなく、日本語の台詞に吹き替えることを吹き替え、ダビングdubbingなどという。[日野康一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スーパーインポーズの関連キーワード日本映画史(年表)モロッコ(映画)文字多重放送ディートリヒナレーションメリエス法医学復顔法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパーインポーズの関連情報