スーポー(英語表記)Soupault, Philippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーポー
Soupault, Philippe

[生]1897.8.2. セーヌエオアーズ,シャビル
[没]1990.3.12. パリ
フランスの詩人,ジャーナリスト。 1919年 A.ブルトン,L.アラゴンとともに雑誌『文学』を創刊,同誌上にブルトンと共作の最初のオートマティスムによる作品『磁場』 Les Champs magnétiquesを発表,初期のシュルレアリスムに決定的な役割を果した。次第にグループから遠ざかって,小説『好人物』 Le Bon Apôtre (1923) ,詩集『ジョージア』 Georgia (26) などを著わす。詩作の集大成『詩集-1917~73年』 Poèmes et Poésies1917-1973 (73) のほか,アポリネール (28) ,ロートレアモン (29) ,ボードレール (31) ,ラビッシュ (45) などのすぐれた作家論がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スーポー【Philippe Soupault】

1897‐1990
フランスの作家,詩人。パリ南西郊シャビルChaville生れ。1917年に処女詩集《水族館》を発表し,当時の若き前衛一翼をになう。19年,ブルトンとともに自動記述の実験を行い,《磁場》と題して発表。20年からはダダ運動の一員として活躍,のちシュルレアリスムにも加わったが,やがて離反し,独自のジャーナリスティックな活動を展開した。《善き使徒》《流れのままに》(ともに1923)以後の多くの小説や,評伝エッセーなどにも見るべきものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーポー
すーぽー
Philippe Soupault
(1897―1990)

フランスの詩人、作家。パリ近郊のシャビルに生まれる。第一次世界大戦中にアラゴンらと知り合い、若き前衛詩人グループを形成。1919年、ブルトンとともに自動記述の実験を行う(『磁場』1920)。翌年からはダダ運動に参加、のちシュルレアリスムの一員となるが、しだいに離反し、大衆的な作家に変貌(へんぼう)。『水族館』Aquarium(1917)以後多くの詩集を、『善き使徒』Le Bon Aptre、『流れのままに』 la drive(ともに1923)以後多くの小説を発表した。[巖谷國士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスーポーの言及

【自動記述】より

…精神病理学の診察法にこれと似たもの(自動書記)があり,もと精神科の医学生だったブルトンがその方法を参考にしたことは確かだが,しかし,書くという行為そのものを問い直す文学的意図を伴っていた点で,後者とは異なる。半睡時の自動的な発語現象の観察からこの方法を発案したブルトンは,友人のスーポーとともに実験をつづけたが,その際,書く速度を意識的に速める試みを繰り返したという。すなわち,速度を速めれば速めるほど,文章の主語と時制があいまいになり,主体の払散あるいは崩壊とみなしうる状態に立ちいたった。…

【シュルレアリスム】より

…1920年代のはじめにフランスの詩人ブルトンらによって開始された文学・芸術上の運動,およびその思想・方法等を指す。発端は1919年に彼とスーポーとが試みたいわゆる〈自動記述(オートマティスム)〉(《磁場》1920)にある。この実験の結果,思考の純粋かつ原初的な姿に触れうると信じた彼らは,アラゴン,エリュアールらとともに,その確信にもとづく新しい思想と運動の可能性を探りはじめた。…

※「スーポー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android