コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーラージュ Soulages, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーラージュ
Soulages, Pierre

[生]1919.12.24. アベロン,ロデーズ
フランスの画家。 1946年以降パリに定住。初め静物画や風景画を描いていたが,キュビスムの影響を受け抽象絵画に転向。鉄骨を思わせる力強い直線と重厚な色彩による,簡潔で力強い独自の空間を創造。 52年のベネチア,53年のサンパウロのビエンナーレをはじめ各国の展覧会に出品。 92年,高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スーラージュ

フランスのアンフォルメル画家。アベロン県ロデース生れ。14歳ごろから独学で絵を描き始める一方,ロマネスク美術や先史時代のドルメンに親しみ,その力強い構成から多くを学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スーラージュ【Pierre Soulages】

1919~ ) フランスの画家。立体派の影響を受け、太い直線を交錯させた純粋抽象絵画に独自の様式を確立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーラージュ
すーらーじゅ
Pierre Soulages
(1919― )

フランスの画家。南フランス、ロデスに生まれる。彼はほとんど独学の画家であり、第二次世界大戦中、兵役につき、さらに農業に従事したのち、パリに定住した。1946年にようやく本格的に絵画に取り組むようになる。49年、パリのリディア・コンティ画廊で最初の個展を開催。以来、純粋抽象の中心的な画家の一人として急速にその名声を獲得していった。サロン・ド・メのほか各国の国際展に出品、53年第2回サン・パウロ・ビエンナーレで受賞。彼の絵画は大胆で力強い黒の筆触を特徴としており、幅広のカリグラフィックな線と限定されたパレットで堂々とした記念碑的建造物を構築する。「手段が限定されればされるほど、表現は強くなる」と彼はいう。スーラージュ芸術のもつプリミティブでモニュメンタルな力強さや厳格な節度は、生まれ故郷ではぐくんだ、先史時代やロマネスク時代の遺跡や芸術への愛好と無縁ではないだろう。またその筆触には東洋の書との類似性を感じさせるものもある。絵画以外に、ブロンズの彫刻やエッチングを制作し、舞台デザインも手がける。75年パリ市芸術大賞、86年にはフランス絵画大賞を受賞した。また1992年(平成4)には高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門で受賞し、来日した。2001年、サンクト・ペテルブルグのエルミタージュ美術館で回顧展「スーラージュ・黒の光」を開催。[大森達次]
『吉川逸治訳「わが創作の秘密」(『芸術新潮』99号所収・1958・新潮社) ▽辻佐保子訳「スーラージュがルーヴルで語る――ピエール・シュネーデルとの対話」(『芸術新潮』161号所収・1963・新潮社) ▽瀬木慎一訳「絵画と世界」(『抽象芸術論』所収・1968・昭森社) ▽南川三治郎著『アトリエの巨匠・100人』(1994・新潮社) ▽James Johnson Sweeney Soulages ; paintings since 1963(1968, M. Knoedler, New York) ▽Bernard Ceysson Soulages(1979, Flammarion, Paris) ▽Nathalie Reymond Soulages ; la lumire et l'espace(1999, Adam Biro, Paris)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スーラージュの関連キーワード立体派様式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android