コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セタール セタール sehtār

5件 の用語解説(セタールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セタール
セタール
sehtār

楽器の一種。イラン古典音楽に用いられる小型の撥弦楽器。細長い棹には羊腸弦を巻いた可動フレットがあり,糸蔵はない。胴は椀形で腹面は板張り。セタールペルシア語で「3弦」を意味するが,第2と第3弦の間にドローン弦が付加されているので,実際には4本の金属弦をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セタール(〈ペルシア〉setār)

イランのリュート撥弦(はつげん)楽器。金属弦が4本張られている。梨(なし)形の小さな胴には響板が張られ、細長い棹(さお)には可動式フレットが結ばれている。人差し指の爪(つめ)で弾奏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セタール

イランの洋梨形の共鳴胴と長い棹をもつリュート属撥弦楽器。3弦の意であるが実際は金属弦4本。棹には3/4音も出せるよう26個の可動式フレットが結びつけられ,T字形糸巻がついている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セタール【setār】

イランの伝統的な楽器で,洋梨を縦割りにした形の接木胴に約65cmの細長い棹が付いたリュート属の撥弦楽器。この名はペルシア語で〈三弦〉を意味し,本来は三弦をもっていたと考えられるが,今日のセタールは4本の金属弦をもっている。しかし第3弦はドローン弦として近年付加されたもので,本来の〈三弦〉の性格は現在も保たれている。これは中世において広く用いられた弦楽器タンブールの一変種と考えられ,この楽器はドタール(二弦)やタールtār(弦)と類縁関係にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セタール
せたーる
setrペルシア語

イランのリュート属撥弦(はつげん)楽器。「セ」は数字の「三」を、「タール」は「弦」を意味する。響板を張った椀(わん)型の小さな共鳴胴と細長い棹(さお)をもち、棹には、25~27か所にガット弦を巻いた可動フレットがある。19世紀中期以降、4本の金属弦が張られるようになったが、1本はドローン弦で、本来の三弦の性格は保たれている。調弦はC3―C4―G3―C4が基本である。古典音楽の独奏や歌の伴奏に用いられ、右手人差し指を細かく振動させて爪(つめ)でじかに弦をはじく奏法や、左手指で棹上の弦をたたいたりはじいたりする技法が特徴的で、これによりきわめて微細かつ多彩な装飾的リズムパターンが生み出される。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セタールの関連キーワード楽器縦割り・縦割縦割り保育・縦割保育縦割ブズキ干し瓜横割割干し大根三板の日アーバーズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セタールの関連情報