コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セフェリス セフェリスSeferis, Geōrgios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セフェリス
Seferis, Geōrgios

[生]1900.3.1. スミルナ(現トルコ,イズミル)
[没]1971.9.20. アテネ
ギリシアの詩人。本名 Seferiadis。アテネとパリで学び,1926年に外務省に入り,62年に駐英大使を辞すまで外交官生活をおくった。詩集分岐点』 Strofi (1931) で詩壇に登場。最初はフランス詩の影響下に定型詩を書いたが,『ミシストリマ』 Mythistorima (35) の頃から自由詩に移り,その後は T.S.エリオットの影響を受けた。詩の言語はギリシア民衆語の可能性を極限まで追求したもので,象徴性に富み思索的であるが,ときとして難解。好んでギリシア神話に題材を取り,現代の世界も詩人自身のうちに生き続ける古代として歌われている。代表作は『練習帳』 Tetradio gymnasmaton (40) ,『航海日誌A,B,C』 Imerologio katastromatos A,B,C (40,44,55) ,『つぐみ』 Kichli (47) など。そのほか,ギリシア文化に関する評論集も数多い。 63年ノーベル文学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セフェリス

現代ギリシアの詩人,外交官。小アジアのスミルナ(現,トルコ領イズミル)生れ。1926年から各国大公使を務める。重層的で象徴性に富んだ詩を書き,《転回点》(1931年)以後多くの詩集がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セフェリス【Gíorgos Seféris】

1900‐71
ギリシアの詩人。小アジアのスミルナ(現,トルコ領イズミル)に生まれ,はじめパリで法律を学ぶ。1931年に詩集《転回点》を刊行,以後は外務官僚として世界各地を転々としながら詩を書き続け,最後は駐英大使になった。彼の詩法はきわめて重層的で,言葉は深くまた幅広い意味を担い,晩年の作品では第2次大戦前後の小国ギリシアの苦悩が象徴的に歌われながら,それがそのまま20世紀の世界全体の受苦につながっている。代表的な詩集は《ミシストリマ》(1935),《航海日誌1および2》(1940,44)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

セフェリス【George Seferis】

1900~1971) ギリシャの詩人・外交官。 T = S =エリオットらの影響を受け、ギリシャの神話伝統に立った象徴詩を発表。詩集に「航海日誌」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セフェリス
せふぇりす
Giorgos Seferis
(1900―1971)

ギリシアの詩人。本名ヨルゴス・セフェリアジス。スミルナ(現トルコのイズミル)生まれ。アテネとパリで法学を学び、外務省に入り、1962年に駐英大使の職を辞するまで外交官生活を送った。詩人としてはフランスとイギリスの象徴派詩人の影響を受け、処女詩集『分岐点』(1931)で詩壇に登場した。初期の作品は、戦間期の祖国ギリシアの暗い世相を反映して宿命論に傾くが、それを救うのは、永遠不滅のヘレニズム(ギリシア文化)の栄光であるとの確信に至る。セフェリスの詩は象徴性に富み、ときとして難解である。おもな詩集に『練習帳』(1940)、『航海日誌甲、乙、丙』(1940~45)、『つぐみ』(1947)がある。エッセイスト、また西欧の詩の翻訳家としても知られている。62年にウィリアム・フォイル賞、63年にノーベル文学賞を受賞した。[森安達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のセフェリスの言及

【ギリシア】より

…今日学校教育はディモティキでおこなわれているが,文学作品,学術論文,保守系の新聞等ではいまだにカタレブサが用いられることも多い。散文ではカザンザキス,韻文ではセフェリスエリティス(両者ともノーベル文学賞受賞)などが世界的に知られ,その作品は各国語で紹介されている。【真下 とも子】【村田 奈々子】。…

【ギリシア文学】より

… 1930年代以降ギリシアの詩人たちはフランスのシュルレアリスムの影響を受けて新しい成熟した詩風を確立し,これが現代ギリシア詩の主流となった。この世代の詩人たちからは外交官として困難な時代の小国ギリシアの苦悩をおのが身に体現したG.セフェリス(1900‐71)と,厳密な形式の中にエーゲ海の自然と太陽の優越を歌ったO.エリティス(1911‐96)という2人のノーベル文学賞受賞者が生まれている。【池沢 夏樹】。…

※「セフェリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セフェリスの関連キーワード近代ギリシア文学セフェリアデスギリシア文学森安達也象徴詩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android