コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメイ セメイ Semey

2件 の用語解説(セメイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セメイ
セメイ
Semey

カザフスタン東部,東カザフスタン州の都市。 1991年までセミパラーチンスク Semipalatinskと呼称。イルトゥイシ川西シベリア低地に出る地点に位置する河港都市で,交通の要地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セメイ
せめい
Semey

中央アジア、カザフスタン共和国北東、東カザフスタン州の都市。ロシア語ではセミパラチンスクSemipalatinskと称する。イルティシ川両岸を占め、右岸に河港をもつ古くからの農産物工業都市。人口26万9600(1999)。食品工業軽工業の一大中心地で、精肉コンビナートをはじめ、羅紗(らしゃ)、皮革製造などのコンビナートや製粉工場がある。一方右岸の河港内には、機械化された港湾施設をもつ船舶修理工場があり、セメント、ケーブル、建築資材製造などの工場も活気を呈している。ロシアのクズバス炭田とアルマトイを結ぶ鉄道の要衝で、経済、学術、文化の中心地でもある。1718年に要塞(ようさい)として建設されて以来、西シベリアとの交易の中心地として発展した。また、ソ連時代にはポリゴンとよばれる大規模な核実験場があり、1949年から89年までの間に400回以上の実験が繰り返された。実験場は91年に閉鎖令が出され、閉鎖作業は2000年に完了したが、放射能汚染の影響とみられる健康被害が問題となっている。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セメイの関連キーワードカザフペトロパブロフスクӨскеменОралШымкентСемейЯсыРиддерドンブラカザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セメイの関連情報