セルラーゼ(英語表記)cellulase

世界大百科事典 第2版の解説

セルラーゼ【cellulase】

高等植物の細胞壁の主構成成分であるセルロースの分解を触媒する酵素。セルロースのβ‐1,4‐グルコシド結合を加水分解して,グルコースやセロビオースなどの単糖を生成する。多くの生物に存在し,高等植物や,セルロース分解菌(アオカビ,コウジカビ,木材腐朽菌など),セルロース分解細菌などに含まれる。また,動物ではカタツムリフナクイムシの消化液に含まれている。ウシなどの反芻(はんすう)類や,木材に穴をあける昆虫(シロアリなど)もセルロースを分解する能力をもっているが,この場合はそれらの動物の消化器官中にセルラーゼを分泌する微生物が多数共生していることによるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

セルラーゼ【cellulase】

セルロースの加水分解を触媒する酵素。高等植物の芽、かびや多くの細菌のほか、カタツムリや昆虫にも存在する。高等動物の消化管内でセルロースが分解される場合は、そこに棲息する原生動物や細菌のもつこの酵素による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルラーゼ
せるらーぜ
cellulase

セルロースのβ(ベータ)-1・4グリコシド結合を加水分解する酵素。カビ類、土壌細菌、酵母、軟体動物、高等植物などに広く存在する。セルロースに対する作用の仕方は一様ではなく、同一生物が生産するセルラーゼでも数種類あって、初めに大きく分解するセルラーゼが働き、ある程度セルロース分子を短くすると、また別のセルラーゼが働いてオリゴ糖やグルコースを生ずるというように互いに助け合って働いていると考えられる。カビや細菌などは菌体外にセルラーゼを分泌し、外界のセルロースを分解して菌体に取り入れやすくしたり、カタツムリなどの軟体動物では消化酵素として働いている。また、ウシなどの反芻(はんすう)動物では腸内細菌のセルラーゼの力を借りて、セルロースを分解している。[伊藤莪]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセルラーゼの言及

【セルロース】より

…微生物的分解は,生物によって作られたものは生物的に分解される。セルラーゼは有名なセルロース分解酵素である(後述)。酸加水分解は,ポリマー主鎖を構成する1位の炭素と酸素間のグリコシド結合は酸によって容易に切れて分解する。…

※「セルラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android