コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレス(英語表記)Ceres

翻訳|Ceres

百科事典マイペディアの解説

セレス

ラテン語で,古代ヨーロッパ人が漠然と中国人・チベット人を指すのに用いた(ギリシア語ではセリコス)。転じてその特産品たる絹はserica。中国人に対しては,インド経由の海路を介してSinaeの語も併用された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

セレス【Ceres】

○ケレス
わい惑星の一。1801年イタリアの G =ピアッツィが発見。直径910キロメートル、公転周期4.60年。従来、小惑星とされてきたが、2006年矮惑星であると改められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のセレスの言及

【ケレス】より

…セレスともいう。1801年イタリアのパレルモ天文台で,G.ピアッチによって発見された第1号の小惑星。…

※「セレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレスの関連情報