コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレナード セレナード serenade

翻訳|serenade

8件 の用語解説(セレナードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレナード
セレナード
serenade

「夕べの音楽」の意。 (1) カッサシオンディベルティメントなどと類似の楽曲で,室内オーケストラあるいは管楽器のための多楽章形式をとる。 18世紀,夕べのもてなしや憩いとして人々に聞かせるために作られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

セレナード
セレナード
serenade

1幕のバレエ。振付 G.バランシン。音楽チャイコフスキーの『弦楽のためのセレナード』。 1935年アメリカンバレエ・シアターによりニューヨークで初演。その後,ニューヨーク・シティー・バレエ団や,モンテカルロ・バレエ団などのレパートリーになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セレナード(〈フランス〉sérénade)

セレナーデ」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セレナード

セレナーデ,またイタリア語セレナータserenataとも。17世紀末から18世紀にかけて発展した音楽形式で,小交響曲的な器楽曲。モーツァルトの作品が最も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

セレナード

ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンによるバレエ(1934)。原題《Serenade》。初演はバランシン自身が創設したバレエ学校、スクール・オブ・アメリカン・バレエの生徒による。音楽はチャイコフスキーの『弦楽セレナーデ』を使用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セレナード【serenade】

元来は夕べに恋人の窓の下で歌う歌であるが,ここに含まれる〈夕方〉〈野外〉〈下から上にささげる〉といった意味から派生した各種の芸術音楽の総称となっている。〈夜曲〉〈小夜曲〉と訳されることがある。楽曲の形式を規定せずに演奏の方法や機会を指す名称であるため種類は非常に多いが,大きく次の三つに分けることができる。 第1は,元来の〈夕べに男性が窓の下で恋人をたたえて歌う〉セレナードで,ルネサンス期のヨーロッパ全体に広まった習慣だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セレナード【serenade】

夜、恋人の部屋の窓の下で歌ったり、弾いたりする甘く美しい曲。
一八世紀に発達した器楽形式の一。管楽・弦楽・小管弦楽のための、娯楽的・祝典的性格の多楽章から成る組曲。小夜曲。夜曲。セレナーデ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレナード
せれなーど
serenade英語
srnadeフランス語
Serenadeドイツ語

音楽用語。16世紀以後「夕べの音楽」を意味し、小夜(さよ)曲または夜曲とも訳される。(1)夜、恋人の窓辺でギターを奏でながら歌う歌。この元来の用例の名残(なごり)はモーツァルトの『ドン・ジョバンニ』(1787)などのオペラにみられるが、19世紀以降グノーの『セレナード』(1855)のように、独立した独唱曲の標題にもなった。(2)多楽章構成とディベルティメントに似た軽い性格を特徴とする、古典派時代に盛んに作曲された管弦楽曲。モーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』Eine kleine Nachtmusik(1787)や『ハフナー・セレナード』Haffner Serenade(1776)は有名。(3)とくにバロック時代に王侯貴族の慶事を祝うため、または政治的機会に作曲された大規模なカンタータ、あるいは劇的性格の曲。この場合には通例イタリア語のセレナータserenataという語が用いられる。[寺本まり子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセレナードの言及

【ディベルティメント】より

…弦楽器のみのもの,弦に管を加えたものなどさまざまなものがあるが,各声部は独奏楽器によって奏される。この時代には新興市民と啓蒙君主の趣味を反映した屋外音楽にセレナード,カサツィオーネ,ノットゥルノ,フェルト・ムジークなどがあったが,これに室内楽的なパルティータターフェルムジークなどを加えて,ディベルティメントと総称した。簡単なソナタ形式で書かれた典雅な第1楽章の後にメヌエット,緩徐楽章,メヌエット,終曲と並び5楽章形式がほぼ標準だが,10楽章を超えるものもあった。…

※「セレナード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セレナードの関連キーワードサッシュ朝には紅顔ありて夕べには白骨となるしだら歌低唱内窓山歌朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なりセヴラック:夾竹桃の下で(カタルーニャ海岸の謝肉祭の夕べ)/piano solo腰高窓《夕べに捧ぐるオード》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セレナードの関連情報