センチメンタル・ジャーニー(英語表記)A Sentimental Journey through France and Italy

  • せんちめんたるじゃーにー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスの小説家 L.スターンの紀行文集。 1768年刊。4巻の予定が,フランス紀行2巻だけに終った。著者の 65~66年の大陸旅行に基づくものだが,土地についての記述はほとんどなく,途上出会ったさまざまな人々についての心情が吐露されている。「センチメンタル」とは「情趣に富む」とか「風流」を意味して,この旅行記の支配的なムードを表わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アメリカのポピュラー・ソング。作詞:バド・グリーン、作曲:レス・ブラウン、ベン・ホーマー。原題《Sentimental Journey》。1944年にレス・ブラウン楽団がドリス・デイボーカルで発表、翌年録音がヒットした。邦題は「感傷旅行」などとも。
日本のポピュラー音楽は女性歌手でタレントの松本伊代。1981年発売。作詞:湯川れい子、作曲:筒美京平。菓子メーカーロッテの「ガーナチョコレート」のCMソング。第24回日本レコード大賞新人賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの作家L・スターンの紀行文。1768年刊。肺患と闘いつつ執筆を続けた著者が、病を養うためもあって、1762年以来何度かフランスに旅をした間の見聞に材を求めた紀行の形式だが、各地の地理、歴史や自然の風物などにはほとんど触れず、行きずりの美女に心をときめかせたり、路傍のロバの死骸(しがい)に涙を注いだり、もっぱら著者自身の心の動きを叙することに終始している。四巻の予定が、著者死去のため二巻だけで終わり、原題名に掲げたイタリアのことは全然出てこない。惻々(そくそく)と人の心を動かす趣(おもむき)があり、独特の風格のゆえにフランスその他でも愛読された。

[朱牟田夏雄]

『松村達雄訳『センチメンタル・ジャーニー』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センチメンタル・ジャーニーの関連情報