ソバナ(蕎麦菜)(読み)ソバナ(英語表記)Adenophora remotiflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ソバナ(蕎麦菜)」の意味・わかりやすい解説

ソバナ(蕎麦菜)
ソバナ
Adenophora remotiflora

キキョウ科の多年草。東アジアの温帯に分布する。北海道を除く日本各地の山地林中に生える。茎は高さ 90cm内外で葉は互生し,長さ5~20cmの卵形または楕円状卵形で先がとがり,あらい鋸歯がある。8月頃,茎の上部穂状円錐花序をなして紫色鐘形花をまばらにつける。花冠は長さ2~3cm,先は5裂して広がり,下向きに咲く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android