コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャル・ダンピング ソーシャルダンピング

1件 の用語解説(ソーシャル・ダンピングの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ソーシャル・ダンピング

ダンピングの一形態。労働者の低賃金,長労働時間社会政策的施策の貧困など劣悪な労働条件によって商品のコストを引き下げ,著しく廉価で輸出すること。第1次大戦後の日本綿製品の廉価輸出は,英国紡績業者の原綿買入価格を下回るほどで,〈日本ダンピング〉として非難された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ソーシャル・ダンピングの関連キーワード最低賃金法ダンピング症候群賃金形態最低賃金最低賃金制度ソーシャルダンピング賃金労働者アンチダンピング関税最低賃金審議会ダンピングマージン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーシャル・ダンピングの関連情報