コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャル・ダンピング ソーシャルダンピング

百科事典マイペディアの解説

ソーシャル・ダンピング

ダンピングの一形態。労働者の低賃金,長労働時間,社会政策的施策の貧困など劣悪な労働条件によって商品のコストを引き下げ,著しく廉価で輸出すること。第1次大戦後の日本綿製品の廉価輸出は,英国紡績業者の原綿買入価格を下回るほどで,〈日本ダンピング〉として非難された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ソーシャル・ダンピングの関連キーワードソーシャル・ダンピング飢餓輸出家内労働高橋亀吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android