ソールズベリ(英語表記)Robert Arthur, 3rd Marquis of Salisbury

  • Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil, 3rd Marquis of Salisbury
  • Salisbury

デジタル大辞泉の解説

[1830~1903]英国の政治家。ディズレーリのあとを継いで保守党党首となり、1885年から1902年にかけて三度首相に就任南ア戦争などの帝国主義政策を推進。
英国イングランド南部、ウィルトシャー州の都市。同州の州都。ソールズベリ平原の南縁に位置する。同国を代表するゴシック聖堂であるソールズベリ大聖堂のほか、近郊ストーンヘンジがある。ニューセーラム
ジンバブエ共和国の首都ハラーレ旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

1830~1903 イギリスの政治家。ディズレーリ亡き後の保守党党首。1885年以降三度首相に就任。植民地経営・南ア戦争など、帝国主義政策を推進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(3rd Marquis of Salisbury, Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil サード=マーキス=オブ━、ロバート=アーサー=タルボット=ガスコイン=セシル) イギリスの政治家。ディズレーリ死後の保守党党首。一八八五~一九〇二年に三度首相となる。帝国主義時代の国際関係の平和的調整に努めた。日英同盟成立後引退。(一八三〇‐一九〇三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1830〜1903
イギリスの政治家
オクスフォード大学総長をへて,1881年保守党党首となり,1885〜1902年の間に3回首相となった。ディズレーリの政策を継いで帝国主義政策を展開し,エジプト支配・ファショダ事件・南ア戦争を行い,1902年の日英同盟の締結によって「光栄ある孤立」を棄てたのち引退した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android