コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾンバ Zomba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾンバ
Zomba

マラウイ南部の都市。シーレ川東方,ゾンバ高原の標高 884mの高地に位置。 1885年に奴隷狩りのルートに沿って建設され,1900年イギリス中部アフリカ保護領 (のちのニアサランド) の行政庁所在地となり,74年末までマラウイの首都であった。美しい風光と夏でも快適な気候に恵まれた保養地。しかし商業中心地は南西 60kmのブランタイア,農業中心地は 75年に遷都した首都リロングウェに譲っている。現在はタバコ,米など農産物集散地。マラウイ大学があり,モザンビークのベイラ港からサリマへいたる幹線鉄道の支線が通じる。人口4万 2878 (1987) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゾンバ(Zomba)

マラウイ南部の都市。ゾンバ山地南東麓、標高約900メートルのシレ高原に位置する。英国領時代に行政の中心地となり、1964年の独立以降、1975年まで首都が置かれた。綿花、コーヒー、タバコを産する。避暑地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゾンバ

マラウイ南部の都市。標高約1000mのシレ高原にあり,綿花,タバコ栽培地帯の中心地で,避暑地。1880年ごろ農業植民地として創設され,英領ニヤサランドの主都で,英軍の駐留地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゾンバ【Zomba】

アフリカ南東部,内陸国マラウィ南部の都市。人口6万3000(1994)。シレ高原のゾンバ山麓にあり,標高約900mで避暑地として知られる。綿花,コーヒー,タバコなどの農業地帯の中心で,桐油の生産も見られ,近くに水力発電所がある。1880年ころヨーロッパ人植民者によって建設された都市で,イギリス領時代は行政の中心となり,1964年の独立後は75年まで首都であった。【西野 照太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾンバ
ぞんば
Zomba

アフリカ南東部、マラウイ南部の都市。ゾンバ山地南東麓(ろく)、標高884メートルの高原に位置する。人口6万5915(1998)。1886年、イギリス領事のハーベスがマラウイ湖南部のアラブ人による奴隷狩りを監視するため、駐屯地を置いたことに始まる。さらに、白人入植者や宣教師を保護するため植民地行政府が置かれ、1964年の独立以後75年までマラウイの首都であった。周辺には白人経営の茶のプランテーションが広がり、マラウイ大学がある。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゾンバの関連キーワードプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神初期資本主義マルクス主義後期資本主義ドイツ社会学新歴史学派レーデラーゾンバルト経済学説史パーソンズ職業社会学歴史学派経済史学社会体制小泉信三貨幣哲学アロワナ技術史観団体学技術

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android