タイシェト(英語表記)Taishet

  • Tayshet/Тайшет
  • Тайшет Tayshet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州都市。州都イルクーツク北西約 560kmにある交通の要地。シベリア横断鉄道の2幹線 (オムスク-ノボシビルスク経由線,バルナウル-アバカン経由線) がここで1本となりイルクーツクへ延びるとともに,ブラーツクウスチクート方面への支線 (バム鉄道に接続) が分岐する。またクラスノヤルスクとイルクーツクを結ぶ幹線道路も通る。鉄道,自動車交通に関連する企業が立地し,自動車修理,枕木製造,木材加工,雲母加工などの工業がある。シベリア鉄道敷設に伴って建設され,1938年市となった。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロシア連邦,東シベリア地方のイルクーツク州にある都市で,イルクーツクの北西670km。人口4万3100(1993)。シベリア鉄道幹線とBAM(バム)(バイカル・アムール鉄道)との分岐点となる交通の要衝で,木材の集散地である。ブラーツク発電所の建設とともに建設資材の集積地として発展した。自動車修理工場があり,付近に製鉄所が建設されている。【山本

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア連邦中部、イルクーツク州の都市。シベリア鉄道と南シベリア鉄道との交点で、バム鉄道の西方起点でもあり、交通の要地。人口4万1800(2003推計)。自動車修理、枕木(まくらぎ)製造、木材加水分解、製材・木工、雲母(うんも)加工、食料品などの工業がある。1938年に市となった。製鉄業に適した立地が着目され、製鉄所が建設されている。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android