コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイソン Tyson, Mike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイソン
Tyson, Mike

[生]1966.6.30. ニューヨーク,ブルックリン
アメリカ合衆国のプロボクサー。本名 Michael Gerald Tyson。史上最年少で世界ヘビー級チャンピオンの座についた。子供の頃不良グループに入り,1978年少年院に送られた。そこでボクシングと出会い,のちに法廷後見人となったトレーナーのカス・ダマトのもとで本格的にボクシングを習う。アマチュアとして 24勝3敗の記録を残し,1985年にプロに転向。翌 1986年にトレバー・バービックを2ラウンド・テクニカルノックアウト TKOで倒し,世界ボクシング評議会 WBCのヘビー級王座につく。 1987年には世界ボクシング協会 WBA,国際ボクシング連盟 IBFの王者となり,3冠を獲得する。以後,10回の防衛戦を制した。ダマトの死後,プロモーターのドン・キングと組む。 1990年世界ヘビー級タイトルマッチでジェームズ・ダグラスに敗れ王座を失う。 1991年レイプ事件を起こして有罪となるが,1995年に仮釈放されてボクシング界に復帰。 1996年には WBC,WBAのタイトルを奪回したが,イベンダー・ホリフィールド戦で敗れ WBAタイトルを失い,プロ選手として2回目の敗北を喫した。 1997年ホリフィールドとの再戦に挑むが,相手の耳に2度かみつき失格となり,ボクサーのライセンスも剥奪された。 1999年に復帰したものの次々と問題を起こした。 2002年 WBCと IBFの2冠王者レノックス・ルイスと対戦したが敗退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイソン【Edward Tyson】

1650‐1708
イギリスの科学者。ケンブリッジ大学で1678年に医学の学位を得た。先人の記録に精通し,動物学解剖学について古代の誤謬や知識の混乱を指摘し,批判を加えた。そしてみずからも比較解剖学的に類人猿やヒトを調べ,解剖学的特徴のほかに,行動や外観についても正確かつ詳細に記載した。とくに1699年に書かれた《オランウータンもしくはホモ・シルウェストリウス――オナガザル,類人猿ならびにヒトと比較したピグミーの解剖》は有名であるが,ここで解剖されたピグミーは,その正確な記載からチンパンジーであることは明らかである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タイソンの関連キーワードイベンダー ホリフィールドタイソン(西山)党の乱タイソン(西山)党革命ピニョー・ド・ベーヌアサファ パウエルナオミ キャンベルレ・バン・ズエトマイク・バイソンダイベト(大越)ウサイン ボルトタイソン党の乱グエン(阮)朝タイソン党革命ビンディン省RIBEKA大南国史演歌ドン キングダドラン司教グエン・フエクアンナム朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイソンの関連情報