コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウフィーク・アル・ハキーム タウフィーク・アル・ハキーム Taufīq al-Ḥakīm

3件 の用語解説(タウフィーク・アル・ハキームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウフィーク・アル・ハキーム
タウフィーク・アル・ハキーム
Taufīq al-Ḥakīm

[生]1898/1902/1903.10.9. アレクサンドリア
[没]1987
エジプトの作家。カイロ大学で法律を学び,1925年パリに留学。 30年帰国,地方官庁の役人となり,43年辞任後はもっぱら文筆業に従う。多くの長短編小説エッセーなどを書いたが,特に力を戯曲に注ぎ,50以上の作品を発表,アラビア語文学中に新しい形式のドラマをつくりあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウフィーク・アル・ハキーム
たうふぃーくあるはきーむ
Taufq al-akm
(1898/1902―1987)

エジプトの小説家、劇作家。アレキサンドリア生まれる。法律を学ぶために渡仏するが、生来の演劇好きが高じて演劇および文学の分野で大いに収穫をあげ、帰国後上(かみ)エジプトの農村で検事職に就いた時期の体験が名作『田舎(いなか)検事の日記』(1937)を生む。それ以前から彼は執筆に専念し、エジプト現代小説を代表する佳作を数多く著しているが、彼の真骨頂はアラブ世界随一の劇作家と目される戯曲のほうにある。彼の名を不朽にした作品には『精神の回帰』(1927)、『洞穴の人々』(1933)、『オリエントからの小鳥』(1938)などがあり、戯曲、小説、評論の広い分野で健筆を振るった。[奴田原睦明]
『堀内勝訳『精神の回帰』(1975・アジア経済研究所) ▽堀内勝訳『現代アラブ小説全集2 オリエントからの小鳥』(1978・河出書房新社) ▽野間宏責任編集、堀内勝ほか訳『現代アラブ文学選』(1974・創樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

タウフィーク・アル・ハキーム
Tawfīq al Hakīm


1902 - 1987.7.26
エジプトの小説家,劇作家。
エジプト国会図書館長
アレクサンドリア生まれ。
大学卒業後、フランスに留学、1930〜37年検事を経て著作活動に専念する。その後、エジプト国会図書館長、芸術学院メンバーなどの要職を歴任し、’76年アジアアフリカ作家会議のロータス賞を受賞。エジプト現代小説を代表する作品を多く発表しているが、とくに「精神の回帰」(’27年)、「洞窟の人々」(’33年)などによって、彼の名は不朽となった。また、ナセル死後、ナセル時代の暗黒面を描いた「良識の回復」(’74年)を発表し、注目された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タウフィーク・アル・ハキームの関連キーワード会津勝己藤井久子一条悦子テリトリーヘーグキリンゼロ<生>都民の日生(活)作り生(思想)生(京劇)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone