タカサゴソウ(高砂草)(読み)タカサゴソウ(英語表記)Lactuca chinensis var. strigosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカサゴソウ(高砂草)
タカサゴソウ
Lactuca chinensis var. strigosa

キク科の多年草で,関東地方より西の各地の日当りのよい野原や山麓などに生える。葉はほとんどが下部に集ってつき,細長く,まばらな鋸歯があるが,ときに全縁のものもある。初夏,高さ 30cmほどの茎の頂部で分枝し,すべて舌状花から成る頭状花をつける。直径は2~2.5cmで,舌状花は白く,その縁は紫色を帯びる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android