コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカサゴソウ(高砂草) タカサゴソウ Lactuca chinensis var. strigosa

1件 の用語解説(タカサゴソウ(高砂草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカサゴソウ(高砂草)
タカサゴソウ
Lactuca chinensis var. strigosa

キク科の多年草で,関東地方より西の各地の日当りのよい野原や山麓などに生える。葉はほとんどが茎の下部に集ってつき,細長く,まばらな鋸歯があるが,ときに全縁のものもある。初夏,高さ 30cmほどの茎の頂部で分枝し,すべて舌状花から成る頭状花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカサゴソウ(高砂草)の関連キーワードアゲラタム菊薊亀甲羽熊八丈菜姫紫苑水菊山辣韮キク菊牛蒡漬けフジアザミ