コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タキン党 タキンとう

5件 の用語解説(タキン党の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タキン党【タキンとう】

ビルマ(現ミャンマー)の民族独立運動の中心団体。1930年代半ばに結成された反英独立運動の秘密結社Do Bama Asiayone(我らビルマ人連盟)の通称。タキンthakinは〈主人〉の意。
→関連項目ネーウィン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タキンとう【タキン党】

ビルマ(現ミャンマー)の政治結社ド・バマー・アシーアヨンDo Bama Asiayone(われらビルマ人連盟)の別称。1930年5月26日にラングーンで発生したインド人ビルマ人の港湾労働者同士の衝突事件に触発された,ビルマ人としての民族感情が結社設立の直接の要因とされる。当初はタキン・バタウン,タキン・テインマウンら数人の青年による小結社であったが,タキン・ソー,タキン・タントゥンなどの共産主義者やタキン・ヌ,タキン・アウンサンなどラングーン大学の学生運動の指導者の参加を得て体質を強化,反英独立を旗印に掲げる民族主義団体に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タキンとう【タキン党】

1930年頃ビルマで結成された民族運動団体「われらのビルマ協会」の別称。会員たちは自分たちの名に「タキン(主人)」の敬称を冠し、自分たちこそビルマの主人であると主張した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タキン党
タキンとう

ドバマ・アシアヨン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タキン党
たきんとう
Thakin party

ビルマ(現ミャンマー)の完全独立を標榜(ひょうぼう)して結成されたド・バマー・アスイーアヨウン(われらビルマ人協会)の別称。タキンの名は、ビルマの地ではビルマ人こそが主人(タキン)であるとし、会員が個人名に冠して呼び合ったことによる。イギリス領下にあった1930年6月、タキン・バタウンらの青年知識人によって結成され、35年ごろから活発な政治運動を展開した。38年の油田労働者を中心とする「大暴動」を契機に一大政治勢力となり、農民・労働者をも組織化していった。その後一部(本部派)はシンイェーター(プロレタリア)党と共闘して「自由ブロック」を形成し、44年、党全体はAFPFL(反ファシスト人民自由連盟)へ発展的に解消した。[伊東利勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタキン党の言及

【ミャンマー】より

…1930年代は,急進的な民族主義者が台頭した時代でもある。自分たちの名前に〈主人〉を意味するビルマ語〈タキン〉を付けて呼びあったことから,彼らはタキン党と呼ばれる。 第2次大戦の勃発に伴い,ビルマ人の間では戦争協力をめぐって意見が対立した。…

※「タキン党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone