コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクト タクトtact/〈ドイツ〉Takt

4件 の用語解説(タクトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タクト(tact/〈ドイツ〉Takt)

拍子。拍節。
指揮棒。
機転。如才なさ。
「もうそこには葉子は―を用いる余裕さえ持っていなかった」〈有島或る女

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

タクト

ホンダ(本田技研工業)が1980年から製造・販売したスクータータイプのオートバイ。総排気量49cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。1980年代のスクーターブームにおける同社の代表車種として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タクト【Takt[ドイツ]】

元来は,音楽の拍,拍子,小節などを指す言葉。ラテン語による15~16世紀の音楽理論書では,時間的秩序の基本単位としてタクトゥスtactusという概念が用いられ,タクトの語源となった。今日〈タクトをとる〉といえば,拍や拍子を明示することで,音楽を指揮することと同義的な言い回しにも用いられる。また日本では,その際に用いる指揮棒(タクトシュトックTaktstockバトンbâton)のこともタクトということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タクトの関連情報