コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスマニア タスマニア Tasmania

翻訳|Tasmania

4件 の用語解説(タスマニアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タスマニア(Tasmania)

オーストラリア大陸の南東にある島。オーストラリアの一州。州都ホバートオランダ人タスマンが1642年に発見。面積6万7800平方キロメートル。南西部にある五つの国立公園を含む地域は、1982年に世界遺産自然遺産)に登録された。その後、岩絵の残る洞窟などが1989年に追加登録されたことから、複合遺産となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

タスマニア

タスマニアはメルボルンの南の海上に浮かぶオーストラリア最南端の島です。南東部の原生地域はユネスコ世界遺産(複合遺産)に登録されています。氷河の侵食によって形成されたU字谷や高くそびえる山々が織りなす壮大な光景はまさに圧巻。かつては害獣とされ現在は保護対象となっているタスマニアデビルをはじめ、ウォンバットやカモノハシなど、オーストラリア独特の生物が多数生息することでも知られています。また、この地域ではアボリジニステンシル技法で書かれた壁画や石器などが見つかっており、文化遺産として考古学的にも重要な場所です。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

タスマニア【Tasmania】

オーストラリア大陸の南東方にある島。オーストラリアの一州。1642年オランダ人タスマンが発見。先住のタスマン人は1876年絶滅。銅・亜鉛など地下資源に富む。州都ホバート。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスマニア
たすまにあ
Tasmania

オーストラリア南東部の州。面積6万7800平方キロメートル、人口45万6652(2001)。州都はホバートタスマニア島を中心にキング島フリンダーズ島などにより構成される。これらの島はもとは大陸と地続きであったが、氷期以後の海進(約1万年前)により大陸から分離した。タスマニア島の大部分は山地・高原で、低地は北岸と南東岸の一部に限られる。同国としては降水量が多く、全域が年500ミリメートルを超え、800ミリメートル以上の地域が70%を占める。最高峰オッサ山(1617メートル)を含む西部の山地は西風の影響でとくに降水量が多く、一部では1600ミリメートル以上に達する。中央部の高原を中心に氷河によって形成された湖が多く、水力発電などに利用される。州面積に占める森林面積の割合は41%で、同国最大である。同国に現存する有袋肉食獣としては最大のタスマニアデビル(体長1メートル余り)が生息することでも知られる。
 人口が全国の2.4%という小さな州で、同州経済の全国的比重は小さいが、キング島のタングステン(全国生産量の9割)、レニソン・ベルなどの錫(すず)(同6割)、ローズベリーの鉛・亜鉛・銀、マウント・ライエルの銅、サベジ・リバーの鉄鉱石などの鉱産資源が重要である。また水力発電を背景にしたアルミニウムや亜鉛の精錬、豊かな森林資源を背景にした林業および製紙、酪農、リンゴなどの農牧業に特色がある。州間貿易での最大の移出入先はビクトリア州。海外輸出では日本が最大の市場で、鉱産物を中心に約4割を占める。
 1803年入植(流刑入植地)。1825年、当時のニュー・サウス・ウェールズ植民地から分離。1853年流刑植民地としての歴史を閉じ、1856年責任内閣制を伴う自治植民地となり、旧称バン・ディーメンズ・ランドVan Diemen's Landを現名称に正式に改称した。1901年他州とともにオーストラリア連邦結成に加わった。[谷内 達]

先住民

1803年にイギリス人の手によってタスマニア島が初めて植民地化された当時の人口は3000から5000と推定されているが、その後、植民者による非人間的扱い、殺戮(さつりく)、そして文明のもたらした病気などにより、1835年には200人ほどにまで減少し、最後の純血タスマニア人が1876年に死んで全滅した。
 彼らはおよそ九つの部族に分かれ、おのおの一定のテリトリーをもっており、カンガルーをはじめとする哺乳(ほにゅう)動物の狩猟、植物や貝類の採集を行っていた。また数家族からなる20人から30人ほどのバンド(一団)を形成して、夏は内陸部、冬は海岸部で移動生活をしていた。彼らの技術水準は低く、武器は木製の槍(やり)と投げ棍棒(こんぼう)、ほかに粗雑なつくりの石斧(せきふ)や石ナイフ程度の道具しかなく、弓矢はもたなかった。家は、樹皮でつくる風よけ程度の簡単なもので、同じく樹皮を用いて海岸部を移動する船をつくった。
 彼らの外観はオーストラリア先住民と多少異なり、漆黒の肌に羊毛状の毛髪、短頭で幅広い鼻をもち、やや背が低い。また彼らの言語も、他のいかなる言語にも系統をたどれず孤立している。以上の事項からタスマニア人の起源に関して、メラネシア人が海路により移住してきたとか、東南アジアのネグリトに近いとか、さまざまな説がある。しかし最近では、かつてオーストラリアとタスマニアが陸路でつながっていたころに移住してきた人々の一部が、陸路の断たれたのちに孤立してしまった、という説が有力である。[山本真鳥]

世界遺産の登録

タスマニア島南西部は1982年および1989年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「タスマニア原生地域」として世界遺産の複合遺産に登録された(世界複合遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タスマニアの関連キーワード目に浮かぶタスマニアタイガー胸に浮かぶボルボS40ボルボC30ボルボ480ボルボ460メルボルン交響楽団メルボルンマラソンメルボルン国際映画祭

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タスマニアの関連情報