タス(英語表記)TASS; Telegrafnoe Agentstvo Sovetskovo Soyuza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タス
TASS; Telegrafnoe Agentstvo Sovetskovo Soyuza

モスクワに本社のある旧ソ連の国営通信社。代表的な国際通信社の1つ。その前身は 1918年設立の ROSTA (Rossijskoe Telegrafnoe Agentstvo)で,25年に TASSとなった。国内通信員 650人と 65ヵ国への海外特派員を擁し,約 4500の新聞に配信していた。民主化後,1991年それまでの閣僚会議直属の国営通信社から,ロシア連邦の独立した一国家機関となり,92年 ITAR-TASSと改称。

タス
towed array sonar system; TASS

水上艦および潜水艦に装備するパッシブソーナー。線状に配列した受波器群をケーブルでえい航し,潜水艦などの放射する雑音を受信検出する。在来の円筒形のパッシブソーナーより海水中での減衰の少ない,低周波音波帯域を受信対象とすることから,より遠距離にある目標を捜索することが可能である。 TASSは,戦闘艦艇に装備し,高速運用に適した TAC TASS (戦術用えい航式パッシブソーナー) と,補助艦艇に装備し,低速運用で広域監視専用に使用する SUR TASS (監視用えい航式パッシブソーナー) とに区分される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タス【TASS】

旧ソ連の国営通信社。ソ連電報通信社Telegrafnoe agentstvo Sovetskogo Soyuzaの略称である。本社モスクワ。ロシア革命後の1918年,帝政ロシアのベストニク通信社がロスタ通信社として生まれ変わり,25年タス通信社に改組された。以後,ソ連邦唯一の通信社として,第2次世界大戦後はとくに,いわゆる西側のAPロイターなどと対抗できる社会主義圏の代表的通信社として活動した。61年2月,主としてソ連国内の生活,文化を報道する機関として,ソ連ジャーナリスト連盟,ソ連作家同盟など4団体と,〈民間〉通信社ノーボスチが設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タス【TASS】

旧ソ連の国営通信社。1925年創立。92年 ITAR(イタル)に改組された。

タス【TASS】

ロシア Telegrafnoe Agentstvo Sovetskogo Soyuza〗
タス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タスの関連情報