コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タス タス TASS; Telegrafnoe Agentstvo Sovetskovo Soyuza

6件 の用語解説(タスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タス
タス
TASS; Telegrafnoe Agentstvo Sovetskovo Soyuza

モスクワに本社のある旧ソ連の国営通信社。代表的な国際通信社の1つ。その前身は 1918年設立の ROSTA (Rossijskoe Telegrafnoe Agentstvo)で,25年に TASSとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タス
タス
towed array sonar system; TASS

水上艦および潜水艦に装備するパッシブソーナー。線状に配列した受波器群をケーブルでえい航し,潜水艦などの放射する雑音を受信検出する。在来の円筒形のパッシブソーナーより海水中での減衰の少ない,低周波音波帯域を受信対象とすることから,より遠距離にある目標を捜索することが可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タス【TASS】

旧ソ連の国営通信社。ソ連電報通信社Telegrafnoe agentstvo Sovetskogo Soyuzaの略称である。本社モスクワロシア革命後の1918年,帝政ロシアベストニク通信社ロスタ通信社として生まれ変わり,25年タス通信社に改組された。以後,ソ連邦唯一の通信社として,第2次世界大戦後はとくに,いわゆる西側のAPロイターなどと対抗できる社会主義圏の代表的通信社として活動した。61年2月,主としてソ連国内の生活,文化を報道する機関として,ソ連ジャーナリスト連盟,ソ連作家同盟など4団体と,〈民間〉通信社ノーボスチが設立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タス【TASS】

旧ソ連の国営通信社。1925年創立。92年 ITAR(イタル)に改組された。

タス【TASS】

ロシア Telegrafnoe Agentstvo Sovetskogo Soyuza〗
タス

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タス
たす
ТАСС TASS

ソ連の国営通信社。ソ連崩壊後の1992年、名称を変更して、ロシア国営通信社「イタル・タス」となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タスの関連キーワード電通光永星郎KCNAITARTASSJANA電通[株]イタル・タスソビエト連邦電報通信社電報通信社日本電報通信社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タスの関連情報